山本 和宏コーチ プロフィール

クライアントの中にある「何かを変えたい気持ち」を大切にしています。

山本 和宏

具体的に「何をこう変えたい」というのが見えなかったり、わからなかったりする段階であっても、「何かを変えたい気持ち」があるのなら、それは自分のコアから出てきているメッセージだと思います。

出身スクール

CTI Japan

取得資格

国際コーチング連盟(ACC)
CTI認定 プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ(CPCC)
米国NLP協会認定プラクティショナー
SCRUM Alliance認定 スクラムマスター(CSM)
2030SDGs 認定ファシリテーター
Points of You® 認定トレーナー
※ORSC(関係性コーチング)応用課程修了

今までこういう悩みを持たれた方へサポートさせて頂きました。

ご自身のキャリアについて(昇進、転職など)

  • 節目の年齢を前に、当初描いていた自分のキャリアが実現できていないが、このままだと来年も変わらず年齢だけ重ねてしまう
  • 自分の中で、いまのキャリアの延長は何か違うと感じている。自分はどこに向かえばいいのかまでは見えていない
  • 転職したが、自分が想い描いていた仕事とは少し違う。モチベーションが上がらないが、転職したばかりで再度転職もしたくない。
  • 上司から昇進を打診されたが、昇進は嬉しいが本当に昇進するのがいいのか

事業拡大について(起業、独立、新規ビジネス)

  • 独立起業したいと思っていたが、なかなか踏み切れない。 気持ちとしてはやりたいが、独立してやっていけるのか不安。 自信も無い。
  • まもなく役職定年を迎えるが、この先は何をすべきか模索している。このままでは役職定年を迎え部下が上司になるという状況になる。自分はどうしたいのか答えが見つからない。
  • 定年までの時間が迫ってきて、残り時間を悔いなく過ごすことと、定年後の生き方について考えたい

自己改善(やる気、コンディショニング)

  • 自分の時間を使いたいモノ(対象)がある。 他にもやらなくてはならないモノもあるし、1日24時間しかない中でどうしていくか
  • 仕事と私生活のバランスが取れない。 どうしても仕事優先になってしまう。

私のコーチングを受けると

将来のビジョンや目標が言語化できます
例えば5年後、10年後に自分がどういう状態(仕事、暮らし、家族、友人など)になっていたいか
頭の中が整理され、前に進むエネルギーが湧きます
自分のエネルギーを注ぐものが見えて、前向きに生きられます
超えられなかったハードルの超え方が見えてきます
堰き止める気持ちと向き合えるようになります
自分の中にある、想いや価値観に気づけます。価値観に沿った生き方ができます
本当に大切にしたいもの、本来の自分の想いを大切にする選択ができるようになります

クライアントの声

A.O様(50代 男性/会社員)

自分の見方に癖があることに気づけました、かなり自分一人で考えてきたつもりでしたが、考えつかなかった方向から的確な質問を頂き、自分が止まっていたところから抜けた感じがしました。

自分一人で考えると気づくまでに何ヶ月か必要だったと思いました。

仕事も日々楽しく向き合っています。

Aさん(20代 女性)

いただいたメッセージ(抜粋):

・10回のセッションありがとうございました。

・自分が今考えていることを、より捉えられたことや、長期的に自分のやりたいことを捕らえられたことは価値あるものだったと感じています

・自分のことを理解して応援してくださる存在がいたことは大きかったなあと感じていました。本当にありがとうございました。

自身に起きた変化:

・自分が長期的にどうなりたいのかが見えた。

Mさん(40代 女性/管理職)

印象的なこと:

・自分自身をオープンにしたくない理由に、「私はアクティブではない」と強く思ってたが、「アクティブではない自分もそれはそれで良いじゃない」ということに気がつかせてくれた。

・プライベート面で自分に自信がなく、人に誇って話せることがない、趣味もない、つまらない人生・・という重しがあったが、その気づきのおかげで「挫折したこと、失敗したこと、続かなかったこと、ちょっとした話」 などをメンバーに話せるようになった。

いただいたメッセージ(抜粋):

・いつも肯定していただいてありがとうございました。

・「仕事以外」の自分に自信がなく、そのことが原因で仕事(特にマネージャーとしての対人対応)に影響が出てしまっていましたが、「それはそれで良いんだ」と思えるようになりました。

自身に起きた変化:

・自分自身が自分自身に求める「理想(あるべき)」が高すぎることに気がついた。理想に近づくため、今日何をするか、明日何をするか、という「一歩」を考えることができるようになった。

Yさん(個人事業主、女性)

いただいたメッセージ(抜粋):

・いろんな方法で将来達成したい成功イメージが見えるようにサポートして下さいました。

・個人事業の展開に関して自分の未来像がおぼろげだったのですが、短い時間でも少し見えた気がします。

・落ち着いたセッションで安定感があり安心して頭と心の整理が出来ました。

・今日自分について分かったことを逃げずに直面して成功にむけて邁進していきたいと思います。ありがとうございました。

『あなたは何にエネルギーを注ぎますか?』

30年以上、IT業界で会社員として過ごしてきて自分はこのままでイイのかなという違和感が何となく出てきていることに薄々気づいていました。

ある日、コーチングを受ける中で「あなたは何にエネルギーを注ぎますか?」と問われ、その問いが私の無意識にも入り込み、ずっと頭の中に残り、コトあるごとに「自分は何にエネルギーを注ぐのか」という言葉が浮かんできて真剣に自問自答を続けました。

振り返ってみると、私にとって仕事は子供の頃から好きだった「ものづくり」の延長で、楽しさを味あわせてくれるものからスタートして、職位が上がる中で、当然ですが会社の数字に貢献するものになり、部下に仕事の指示をするものになり、更には生計を立てるものになっていったと思います。ある時期に両親も他界し、自分が仕事をする大義も薄れた気もしました。

私が最前線で働いていた当時、IT業界はブラックと呼ばれる労働集約型の産業でした。それでも、担当しているプロジェクトをやり抜けば、その先には次のステージが待っているとか、自分の成長につながるとか、あるいは市場価値が上がり収入も増えるというのがチラつき、この状況を乗り越えれば何かが見えると自分に暗示を掛けていたのかもしれません。

この暗示から抜け出るのは簡単ではありませんでした、抜け出ることは大きな恐れになっていました。収入が減るのではないか、市場価値が下がるのではないか、強いてはご飯が食べられなくなるのでは等、ネガティブな波が次々とやってきました。

私は、コーチングに出会ったことに感謝しています。コーチングに出会わなかったら、自分の暗示から出られなかったと思います。私は、はたらくことは好きですが、やらねばならないと考えてしまう古い人間なのです。 簡単には変われなかったでしょう。自分が着ていた鎧を脱ぎ捨てるのは勇気も必要でしたが、それが必要なのだという声が自分の中から湧いてきて、それに蓋をせず従う選択をするのは、かなりハードルが高かったと記憶しています。

気持ちと頭が長い間、話し合っている時に「あなたは何にエネルギーを注ぎますか? 」と問われ、コトあるごとに考えました。そして、自分の中にある「何か」を大切にしようと考えました。コーチングを受けるなかで、更に自分に対しての気づきがいくつも出てきました。 そして、自分の価値観に沿って生きると、周囲の景色も徐々に変わりました。

会社員生活をやめて約1年経ちましたが、まだまだ暗示で縛っていると思います、会社員だと価値観に沿って生きられないということは全く無いと思います。 暗示や自分のものの見方と付き合うコツがわかれば、景色が明るくなると思います。

思うことは、人間は玉ネギみたいに薄い皮に包まれていて、一枚一枚が何か意味を持っていてコアになる部分を無意識に守っていると思います。 でも、いつの間にかそれが本当ではない自分を作っている。コーチングでは薄い皮に気づき本当の自分を見ていくこともやります。

もし、自分の中に変わりたいという「何か」、あるいは変化を求める「疼き」があれば、コーチングをおすすめします。

わたしは、いまだに「自分の中にある何か」に近づくために、薄い皮を一枚一枚剥いでいます。

おそらく、ずっと薄い皮を剥いていきます

コーチングの流れ

STEP 1:導入セッション

コーチングの場をより良くするために、お互いの人となりや何を大事にしている人かを受け入れましょう
クライアントとコーチは対等です。
関係性に上下はありません。 この関係性を気づくため導入セッションは重要です。

STEP2:目標設定。

クライアントがコーチングを受けに来る目的によりますが、
達成したいゴールがある方はSMARTモデルをベースに目標を明確にします。

STEP3:コーチングセッションの実施

クライアントの状況により、コーチングセッションの頻度や期間を決めてセッションを行います。
各セッションはセッション後にテキストログをお送りいたします。
セッション間で振返りに活用いただけます。
各セッションでは、前回決めた行動計画の振返りから始めてゆきます。
そして、
①     クライアントから「取り扱いたいテーマ」を出していただき、
②     そのセッションのゴールを設定します。
③     コーチング、
④     気づき/学びの共有、
⑤     行動計画。
以上の流れになります。

STEP4:中間レビュー

クライアントの現地点を確認し、必要に応じ設定された目標の修正を行います。

STEP5:完了セッション

セッション全体を振返ります。

サービス

セッションの形式

通常セッションは対面/オンラインの対応可能です。※但し、現在は対面は休止中です
お試しセッションはオンラインのみとなります。
また、対面の場合には松戸市からの交通費をご負担いただいております。

メニュー(参考例)

コーチングはクライアントの様々な状況により、オーダーメイドでセッションの回数や頻度を設定できます。
ご参考例として2つのパターンを上げておきます。
コースとして3ヶ月/6ヶ月としているのは、行動科学的に習慣が定着するまでには約3ヶ月が必要とされる目安になっているからです。

個人向けコーチング<3ヶ月コース>

40分/セッション、月2回、3ヶ月(初回セッションのみ70分)、セッションログ付き
80,000円 (コーチングサーチ提供価格 通常90,000円)
※カード払いの方は手数料として3.6%発生いたします

個人向けコーチング<6ヶ月コース>

40分/セッション、月2回、6ヶ月(初回セッションのみ70分)、セッションログ付き
160,000円 (コーチングサーチ提供価格 通常180,000円)
※カード払いの方は手数料として3.6%発生いたします

単発セッション

40分/セッション
15,000円 ※カード払いの方は手数料として3.6%発生いたします

お試しセッション

45分/セッション+説明等
無料、お一人1回まで

プロフィール

職歴

  • 日本ユニシス株式会社 プログラマ、SE、ネットワークエンジニア
  • ファイルネット株式会社 プリセールスエンジニア、ポストセールスエンジニア
  • ソニーグローバルソリューションズ株式会社 プロジェクトマネージャ、組織管理職(部長)
  • 三洋電機株式会社 組織管理職(統括部長)、プロジェクトマネージャ
  • パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 組織管理職(セグメントCIO)

建築家の家に生まれた私は、ものづくりが好きで、IT業界を目指し日本ユニシスに入社しました。
約9年勤めた後、小さな会社で自分を試したいと考え、米国ベンチャーのファイルネット社が日本法人を設立するタイミングで転職しました。当時は社長と事務職の女性と私の3名でしたので、何でもやってみるということを学んだと思います。

そして、日本のベンチャーに転職しましたが、その会社がSONYに買収されました。 また大企業に所属することになり、違和感を覚えていました。
あるタイミングで当時経営の立て直しをしていた三洋電機に「ITで会社を立て直したい」という想いを持って転職しました。 数年後にパナソニックと合併して自分の部下も全員転籍したことを機にインテリジェンス(現パーソル)に転職しています。

SONY/三洋電機と部長職、パーソルではセグメントCIOを担当させていただいておりました。
会社員時代は最大で200名以上の部門を担当させていた時には、ほぼ全員と1on1をしていました。

ここまで、お世話になった皆様には大変感謝しております

資格

国際コーチング連盟(ACC)
米国CTI認定コーチ(CPCC : Certified Professional Co-Active Coach)
米国NLP協会認定プラクティショナー
SCRUM Alliance認定 スクラムマスター(CSM)
2030SDGs 認定ファシリテーター
Points of You® 認定トレーナー
※ORSC(関係性コーチング)応用課程修了

お客様口コミレビュー

5

1件の評価

  • H.H様

    約半年、ありがとうございました。 自分でもこのような変化が起こるとは思いませんでした。 自分の感覚に従い生きることの重要さをありありと実感しました。 山本コーチには、色々な場面で寄り添っていただき、どんな状況でもコーチが居るということが大きな支えになっていたと思います。(30代 男性/個人事業主)

その他の情報を見る