法人・企業の人事・研修のご担当者様向け 研修・社員コーチング・講演の詳細とお申込み

社員に対してこんな不安はありますか?

  • 社員がすぐに辞めてしまう(離職率が高い)
  • 若手社員を育成する能力のある中堅の人材がいない、もしくは少ない。
  • 忙しくて社内のコミュニケーションが少ない。
  • 社内の人間関係が悪い。
  • 社員の態度が悪くてお客様からクレームがくる。
  • リーダーが育っていない。
  • 次世代のリーダーを育てる人材がいない。
  • 報連相がない。
  • 社員が会社の文句ばかり言う。
  • 人材流出が止まらない。
  • 社内の空気がどんよりしている。
  • 鬱気味の社員がいる。
  • 社員が定着しない。

業務量が増加し、人材の確保が課題となってきている現在、人材流出を防ぎ、お客様にご満足いただけるサービスを提供し続けるためにも、部下の成長を促し、人材を育成できる上司の役割が非常に重要になってきています。

しかしながらその上司自身も日々の業務に追われ、部下とのコミュニケーションをとる時間が少なく、またどうコミュニケーションをとればいいか分からない上司が多く、それぞれが独自のやり方で部下とコミュニケーションをしているのが現状です。
その結果、部下が育たずモチベーションをなくしたり、期待していた社員が辞めたりと、お客様へのサービスがままならない、売上が落ちるという事態が起こります。

そんな現状を踏まえ、時間が短くても成果のでるコミュニケーションツールとして、また部下育成の方法として、「コーチング」を導入する企業が増えています。

コーチングはなぜ法人・企業の方に必要なのか?

コーチングサーチの「コーチング研修」や「社員コーチング」を受けることで、社員が自分自身の力で解決する方法を身につけることが出来ます。

コーチングはなぜ法人・企業の方に必要なのか?

事例(研修担当者の人事様・社長様の声)

なぜそのような結果が出せるのか?

なぜそのような結果が出せるのか?

企業や法人の方にも注目されています

最近ではコーチングのスキルを身につける研修も行われており、
企業の管理職の方達の中でも注目を集めています。

部下が自発的に行動できるように、上司自らコーチング技術を身につけて、部下の能力を開花させていくこともできます。