楡井 亜希子様(お客様インタビュー)

コーチングサーチ特別企画として、コーチングセッションを受けたお客様へインタビューを行いました。

セッションを受けた後、お客様からの有難いご感想のアンケートは頂きますが、「実際にどのようなきっかけでご依頼頂いたのか」「受けてみてどうだったか?」「その後人生は変わった??」などなど。様々な疑問を聞いてみました!コーチングセッションを受けるか迷っている方々の参考にしていただければ幸いです。

今回、ご協力頂いたのは、ハキハキした受け答えと、笑顔が素敵な楡井亜希子さんにお話を伺いました。

コーチングを受けるきっかけになったのは何ですか

15年前、外資系の珈琲チェーン店で初めてコーチングを学びました。社員教育にコーチングを取り入れていた職場だったので、マネージャーになった際、新人にトーレ―ニングを行う時は、コーチング手法を使うのだよと、教えて頂きました。その手法が、上から押し付けるのではなく、その人の良い所を引き出していきながら、覚えてほしいスキルを習得してもらう。一方通行のコミュニケーションではなく、循環していくコミュニケーションって素敵だなと感じ、いつかこのコーチングをきちんと学びたいと思っていました。

その後、職場内で人事担当になり、新人研修や店長研修を経験していく中で、もっと自分の中で資質を強化したい、そして社内でもっとそのスキルを活かせればとの想いもあり、コーチング学ぶきっかけとなりました。

自主的にスキルを磨きたいと思われたのはなぜですか?

自信がないからです。すごく自分に自信がなくて、自分がやっている事はこれでいいのだろうか?という疑問を感じ、何か看板がほしい、資格がほしい、これは間違いない、という何かが欲しいと思いコーチングを学びにいきました。

コーチングを学び、なにか変化はありましたか?

3年半前にコーチングスクールに通いましたが、全く自分に自信は持てませんでした。スクールで一緒に学んだ人は、保険業界の方が多く、また皆さん職場でも活躍されているような優秀な方が多くて、私自身は敗北感しか感じず終わってしまいました。コーチになる事はもう無理と思う中で、スクールの受講期間は終わりました。受講した事で落ち込みましたが、コーチの資格は欲しかったので、試験は受けました。その時の試験官が高野コーチで、「あなたは素晴らしいね!」と言って頂き、その言葉にすごく勇気づけられました。

コーチングで学んだ<勇気づけ、褒めるのではなく認める>ってこれだ!!って、もちろんスクールでも学びましたが、本当の意味は高野コーチから教えて頂きました。

高野コーチとの出会いから、コーチングを受けるまで

コーチング資格試験時の高野コーチとの出会いが縁で、高野コーチの存在を知り、その話し方や声のトーンから、器の大きさ・包容力を感じ、改めて、勇気づけと認めるって素晴らしいスキルだなと思いました。その事があり、高野コーチのお人柄をもっと知りたくなり、プロフィールを確認したら、経験されてきた経歴のすごさに驚きました。

本当に素晴らしい方に試験官をして頂いて有難かったことに改めて気づき、それから高野コーチのFACEBOOK・ブログを即フォローし、常に高野コーチが発信されるものは見ていました。そんな中、結婚をし、病気も経験し、病気完治後に妊娠・出産と続きましたので、私自身がコーチングを受ける状況ではありませんでした。その後、仕事復帰し、半年たった頃、これからどうしようと思い、頭の中を整理したいと感じるようになっていました。

このまま会社員とし働いていくのは考えられないし、独立しても何をしたらいいのか分からない・・話を聞いてほしい、誰か頭の中を整理してほしい!と思った時に、そんな想いを相談できるのは、高野コーチだ!って、高野コーチの事が思い浮かびました。

高野コーチのコーチングが必要だと思われたのはなぜですか?

3人兄弟で長女の私は、しっかりしているように見られますが、そうではないんです。自分の資質に、深く深く踏み込んで追求する事ができなかったんです。好きな事もわからない、人見知りで、飲み会も嫌い、色んな人がいるところは疲れてしまい、常に人からどう見られているか気になっていました。それでいて、自分が嫌いな人にも好かれたい、10人いたら1人でも自分を嫌いな人がいたらどうしようと思うような人間でした。42年間ずっと生きてきて、そんなの関係ない、他人に自分の評価をされてたまるかと思えるようになったのは、ここ1ヶ月位です。

娘を出産した事で、革命的な気づきがありました。娘と接する中で、何で自分はこんなに周りの人を気にし、いじけているのか、その理由がわかり、すっきりして、もう大丈夫だと思えるようになりました。人と比べる事をやめたら、自分に自信がもてるようになりました。

娘は私の事が大好きで、話せなくても全身全霊で、「ママ大好き!」と言ってくれるこれって、私にはすごい価値があると思えるようになりました。子どものコミュニケーション能力って素晴らしいと思い、きっと私も子どもの頃は母に対してそうだったと気づくことができたんです。母には、あなたはよく泣いて育てにくかったのよ、と何気なく言われた言葉に、実はずっと傷ついていたんだ、潜在意識の中に刷り込まれたいたんだと思いました。それが娘と接するうちに、そんな思いがスコンと抜けてしまいました。

子どもは色んな事が分かっていて、こちらの感情を知らず知らずのうちに読んでいる・・母のストレスもきっと子どもの頃の私には伝わっていたんだと思います。娘も私の感情が分かっているのだと思います。ただ感受性の強かった私は、母の感情を全て自分のせいだと思い、私は悪い子と思ってしまっていたようです。

でも、もういい、私は悪い子だったって、もう思わなくていい、と娘を通して気づけた事で、ちょっとだけ自信が持てるようになりました。精神的に不安定な時期にも、鎧を着て、猫をかぶり、それを見せないように頑張っていましたが、そんな時に、主人が助けてくれたのと、娘が私の価値に気づかせてくれ、そして高野コーチが「あなたはすごいよ!」って言ってくれた事で、鎧がぬげました。コーチング学んでいた時にトレーナーに言われた、自己承認、自己開示、自己理解って、これか!って、その時実感でき、やっと私のコーチングトレーニングが終わった!と思えました。

やっと私も自己承認・自己開示ができる!いままで出来なかったのは、そもそも自分を理解できていなかったし、認めてもいなかった、そして自分に自信がなかったのは、母に認められたかった感情だったと気づいたら、スッピンの自分でいいやと思えました。

その事を人に話すのは、とても辛かったので、この話は人生経験豊富な高野コーチに聞いてほしかったんだなと思いました。自分の名前で仕事をしたい!と思った時に、私がやりたいと思っているようなライフスタイルを送っている人が身近な人にいなかったので、もちろん高野コーチのようなライフスタイルは送れないですが、高野コーチが持っている大きな組織の中で多くの部下を育てた実績、多くの人と接してきて、1つの事を長年ずっと続けて来られたことに尊敬でき、魅かれました。

高野コーチのコーチングのおすすめポイントは?

高野コーチは、船が進むように、私の話を受け止め、そっと押して頂いた感じです。クライアント側を経験してみて、コーチングって本当にすごい!と腹落ちしました。スクールで習っただけではダメ。自分がコーチングを誰かにやるだけでもダメ。自分がクライアントになって初めて分かる事があると教わっていましたが、体験学習型の私は実際にクライアントになってみて、やっと分かりました。経験程気付きのある事はないと改めて思いました。

コーチはいなくても大丈夫!そもそも乗り越えられない試練はないと思っていましたが、コーチをつける事により、スピードは絶対早くなる!それは間違いないと思います。ビジネスをやっていこうとする際に、コーチは伴奏者のイメージなので、やりたい事、これからやろうとする事の先を走っている人を設定する必要はなく、全く違う分野のライフスタイルの人の方がいい場合もあると思います。

これから起業してやっていくのに、頭の中を整理して手助けをしてもらうなら、やっぱり高野コーチがいいのかなって思います。私と同じ冒険型の主人ではなく、高野コーチのように落ち着いた方と話す事により、新たな視点や気づきを常に与えてもらえます。

現代は疲れている人が多いと思います。自然災害や、混んだ電車のストレスだったり、自分が好きなものも分からず、何が辛いかも気づかない、そんな混乱状態が続く中、やっぱり、少しでもこの状況から抜け出したい、変えたい!どうにかしたいと思っている気持ちがあるから、コーチを探している人も多いと思います。でも高野コーチは、押そうとも引っ張ろうともしない、ただそっと手を添え、あたたかい空気を作ってくれる方です。周りにあたたかい空気を作ってくれるから、マイナスなエネルギーで冷え固まっている人も、ちょっとだけ手を伸ばしてみようって自分から思えるように包んでくれます。まるで氷が解けて、固まっていた自分が、少しずつ手がでて、足が出たから1歩踏み出してみようって、自分で思える環境を作ってくれます。指導でもなく、無理やりでもなく、その場のあたたかい雰囲気を創ってくれ、自分で1歩踏み出した、そのことを承認して褒めてくれる。本当にすごい人です。

ご自身の自己開示もされますが、微塵も自分を前面に出すわけではなく、常に謙虚でいらっしゃる、いままでに会った事がないような方です。高野コーチは、勇気づけがうまく、本当に心から、目の前の相手を応援したいと思っているのが、そのお人柄から伝わってきます。

コーチングを受けようと迷っている人にも、高野コーチはお勧めです!

ちょっと自分に自信がなくてどうにかしたい、でもどうしていいかわからない、コーチングを受けても、何を話したらいいか分からないと思っている人でも、高野コーチなら大丈夫です。コーチを選ぶ際に、自分が進みたい分野の先を走っている人や、同じ分野の人である必要はなく、いろんな人を受け止めて下さるのが、高野コーチです。コーチングの手法が濃いと、その影響を受けすぎてしまいますが、高野コーチは一切染めようとせず、個性を活かして伸ばしてくれます。かと言って、ぬるま湯でもない、きちんと課題もあたえ、その成長に期待もしてくれる、本当にすごい人です。

高野コーチに背中を押された楡井さんは、目標をしっかり見据えて前を向いていらっしゃいました。今回お話を聞かせて頂いた楡井さんのコーチは、高野慎吾コーチです。是非体験セッションを受けてみてはいかがでしょうか?

高野コーチのプロフィール・お申込みはこちら
自分に合った条件で選ぶ!コーチ無料紹介はこちら