妻に「あなたは女性部下に嫌われるタイプね」と言われ、悩んでいる

「女性部下に嫌われた」という結末になる3つの原因とは?コーチングで上司・部下の関係を良好にできる理由

現代では当たり前に女性が男性のように働くようになりましたが、女性部下に対して適切な行動をとれていない男性上司が多いので、「女性部下に嫌われた…」と悩む方が多いです。

なぜ女性部下に嫌われたという結末になるのでしょうか?そこには男性上司の配慮不足、認識不足が原因になっている場合があります。

今回は、なぜ男性上司が女性部下に嫌われたという結末になるのか、3つの理由と男性上司と女性部下の関係を良好にするコーチングのすすめを解説していきます。

なぜ「女性部下に嫌われた」という結末になるのか

先に結論を言うと、女性部下の心理的な欲求や抱えている背景を理解していないことが大きな原因です。女性部下に嫌われたと悩む男性上司は、女性部下に対する適切な行動を意識して継続させることで、女性部下から信頼される上司になることができます。

ここからは女性部下に嫌われた男性上司の3つの原因について解説していきます。

1.女性部下に安心感を与えられていない

女性が多い職場安定化&活性化コンサルタント玉居子高敏さん著書の「うん、そうだね」(WAVE 出版刊)によると、「女性が働きやすい職場とは、心理的安全性が確保された職場のこと」と記載されています。

女性は職場に安心感を求める方が多いので、自分の意見が自由に言えない、雰囲気が悪い、気遣いのない職場は働きたくないと感じています。

男性上司と女性部下でのトラブルでは、例えば女性部下がキャパオーバー気味で疲れきっているとの相談を男性上司にしたケースで、「これを乗り越えれば、キミはきっと成長できる」「石の上にも三年だよ」という言葉がけは、女性部下が求める安心感からかけ離れてしまいます。

2.女性部下の話をちゃんと聞いていない

先ほどお話しした男性上司へ女性部下が相談するケースは多いと思いますが、このようなケースでは男性上司が女性部下の話をちゃんと聞いていないというのも、女性部下に嫌われる原因のひとつになります。

女性・男性問わずに、全ての会話のなかには相手のことを知ることができるチャンスが隠れています。

チャンスをつかむためには徹底して聞き役に回り、相手が何を求めているのかを理解して、適切な質問や回答ができるようになる必要があります。

特に男性と女性は脳の構造が異なり、男性部下は目的のないことを避ける傾向にあるので、次の行動がわかるような明確な回答が求められます。

しかし女性部下の場合は、基本的には男性のように目的を重視しますが、お互いのつながりや価値観の共有をとても大切にする傾向が強いので、女性部下がなぜ相談したのか、どういう気持ちなのか、認知的、感情的側面の両方で注意して話しを聞く必要があります。

3.女性部下が抱える背景を理解していない

最後に女性が抱える背景について男性上司が理解していないことは、最も大きな女性部下に嫌われる原因のひとつと考えていいでしょう。

女性活躍、女性の社会進出と聞くと、女性が男性と同じように働くことだと考える男性上司が多いですが、女性は男性とは異なる加重があります。

例えば1か月の半分は生理や女性ホルモンのバランスで体調を崩しやすかったり、男性が家事や育児をするようになりつつある現代でも、まだまだ「女性がすること」という認識が強いので、女性が家事と育児の大半をしているという方も多いです。

男性のために最適化された社会に女性が適応するためには、まるで坂の上に居る男性に追いつくために、女性は坂の下から駆け上がる必要があります。

この女性部下が抱えている背景を理解することができれば、坂はゆるやかな上り坂になり、相互理解と歩み寄りができるようになります。

女性部下との関係を良好にするコーチングのすすめ

意識や認識を変えるためには、男性上司が自らの力で気づくことが非常に重要です。

なぜなら、「こうしなさい」と言われたことよりも、自分で気づいたことは認識しやすく、継続した意識になるからです。女性部下への信頼を得るためには、プロの力を借りて女性部下に対するさまざまな問題を解決する必要があります。

Coaching Searchでは、上司・部下の関係を良好なものになるようにサポートしてくれるコーチがあなたを待っています。もし「どのコーチに相談したらいいのかわからない」という場合は、「コーチ無料紹介」を利用して、あなたの悩みや背景、予算に応じて最適なコーチをご紹介させていただくことが可能です。

ひとりで課題を乗りこえることは難しいですが、プロのコーチがあなたへフィードバックをし、サポートしてくれるので一緒に乗りこえることができますよ。

コーチングサーチへのお問合せはこちら

上司・部下の関係を良好なものになるようにサポートしてくれるコーチはこちら

コーチ無料紹介サービスはこちら