H.A様(お客様インタビュー)

コーチングセッションを受けたお客様へインタビューを行いました。

お客様がセッションを受けた後、コーチングサーチへご感想のアンケートは頂くのですが、「実際にどのようなきっかけでご依頼頂いたのか」「受けてみてどうだったか?」「その後人生は変わった??」などなど、もっと深掘りして聞きたい!とずっと思っていました。やっと今回疑問に思っていたことをインタビューさせて頂くことに成功しました!コーチングセッションを受けるか迷っている方々のご参考にしていただければ幸いです。

今回、ご協力頂いたのは、静かな物腰で、その中にも芯の強さを感じる女性、H.A様にお話を伺いました。

コーチングを受けるきっかけになったのは何ですか?

~仕事で悩んだ時に、前向きなアドバイスがほしかった~

4年位前から、コーチングという言葉は知っていて興味もあり、関連のサイトも見ていましたが、その頃はまだ大きな悩みもなかったので、特にコーチングを受ける所までは考えていませんでした。その後職場で、自分では解決できない出来事に追い込まれ、精神的にきつかった時に、その対処として、医療やカウンセリングという方法も考えたりしました。

ただ、仕事は好きで定年までは頑張って続けていきたい気持ちがあったので、カウンセラーに辛い気持ちを聞いて慰めをもらうより、前向きになる言葉を頂きたいと思いました。「辛いです」に対して、「可哀そうに!」と言われるよりも、辛いけど、今これだけ頑張れば、「目指す先にはこんないいことが待っているんだよ!」と言うような、前向きなアドバイスを求めていましたので、カウンセリングではなくコーチングを選択しました

大谷コーチを選ばれたのはなぜですか?

~この人しかいない!と感じました~

沢山いる中からコーチを探していた時に、大谷コーチの写真と履歴を見つけ、その中で大谷コーチご自身がコーチングを受けた時の体験談を読ませて頂き、その内容と何より素敵な笑顔のこの人に会ってみたいと直観的に思いました。

20~30代の時は、職場の先輩でお姉さん的な方が周りに沢山いて、そういう方に何でも打ち明け、アドバイスをもらって仕事を進めてきましたが、50代になり周りには、そういう方々がいなくなり、自分が後輩にアドバイスをする立場になっていました。

そんな立場でも、自分にも自分なりの悩みを抱えていたので、できれば昔、話を聞いてくれていた、なんでも話せるお姉さんのような人が欲しいと思っている時でしたので、大谷コーチ「この人しかいない」という感じでした。

実際、コーチに会ってみて如何でしたか?

初回のトライアルセッションまで、申込から1ヶ月位あった間は辛い状況で過ごしていました。そんな状況でしたので、緊張の中で大谷コーチにお会いして、色々とお話をさせて頂いく中で、大谷コーチの印象がとても良く、先輩に話を聞いてもらっていたような雰囲気で話を聞いて下さったので、この方なら続けてお願いしたいと思いました。

大谷コーチを選ばれた、その選択は正しかったですか?

~仕事をする上で、常に隣にいてほしいと思える人です~

相談したい内容に対する回答は、コーチによって違うと思うので、自分がほしい答えをもらえるか不安でしたが、大谷コーチからは、頑張れそうと思える回答を頂けたので、お会いして、この人ならと思えました。

大谷コーチにお願いして3年になりますが、今では職場での環境も良くなり、更にステップアップした状況に変わり、上司と良好なコミュニケーションを取る場面が増えました。大谷コーチは、管理職としての職歴もお持ちなので、部下と管理職の繋がりで、上の立場も下の立場もお分かりになり、両方のアドバイスを頂け、上司へのアプローチの仕方や対処方法にも的確なアドバイスを頂けます。

上司に提案をしようと思う事も、明確な回答が得られ、その他の事にも沢山のアドバイスを頂けるので助かっています。悩んで辛いときは、つい感情的になってしまい客観的になれず、主観的に怒りや悲しみ、辛い・・そんなネガティブな感情にどっぷりつかってしまいがちでしたが、大谷コーチは、そこから少しずつ引き上げてくれます。

自分の置かれている状況を少し俯瞰的に見るとか、客観的に見られるよう、ゆっくりゆっくり私の話を、時には真剣に、時には笑顔で、我慢強くじっくり聞いて導いてくれます。状況を俯瞰して見てみたらと言われた時は、難しくてそれは無理だと思いましたが、2ヶ月、3ヶ月と経つうちに、少しずつ自分でもできるようになっていました。自分の置かれている環境を客観的に見ることができるようになると、今度は自分がどうすれば、もっとこの状況がよくなるか分かるようになり、動けなかった自分が、少し外に向かって働きかけたり、職場の人に話をしてみたりが出来るようになり、そこから事態が好転していきました。

コーチングをいずれ卒業し、一人立ちしないといけないかと思いますが、大谷コーチには、常に隣にいて相談に乗って頂きたいと思っています。嫌な事があって相談する事もありますが、良い事があっても報告しています。一緒に悩んで、一緒に喜んで。そういう方が、そばにいて下さる事はとても心強いです。あの辛かった時に、医療やカウンセリングなど色んな手段がある中で、コーチングを選んだのは正解だったと思っています。自分がどうしたいのかを自分で決め、次のセッションまで、何をするのかを、大谷コーチと相談しながら自分で課題を決め、その課題がクリアになる事が面白いし、それを繰り返しやることで、1つずつ出来るようになり、自分で自分をセルフコーチングできるようになってきました。自分ではどうにもならない職場やビジネスの問題は、やはりコーチング手法が有効だと思います。

1回目のセッションから変化は感じましたか?

~少しずつ、勇気をもって行動できるようになりました~

1回のセッションでガラッと変わるのではなく、このコーチとは、この先もお話をしていきたいと思いました。1回目で、その時の辛い状況から抜け出せるとは想像できませんでしたし、少し話しただけでは、状況は変わる事はないかと思いました。それでもセッションを続けていく中で、少しずつ感情的にならずに、今自分がいる状態を客観的に見られるようになってきた時に、このままではいけないと思えて行動にうつせたのが、一番大きな変化でした。最初は、自分が変われると思いませんでしたが、今思えば3ヶ月後位には変わっていく自分がいたんですね。

大谷コーチに、また会いたいと思えたのはどんな所ですか?

~最後のあがきのような気持ちでした~

初回トライアルから、正式な申込みに至ったのは、自分が変わると言うより、もっとこの方とお話がしてみたいと思えるほど、大谷コーチの印象がよかったからです。自分では、にっちもさっちもいかなくて、もう仕事をやめるしかないかなと思うほど、追い込まれていたので、これでだめならもういいやと、最後のあがきのような感じでした。コーチングを受けてだめなら諦めようと思っていましたので。大谷コーチが素敵な方だったので、もう少しお話したいという気持ちが強く、他のコーチと迷いませんでした。

それは、私を変えてほしいとかそういう事ではなく、今まで先輩に話を聞いてもらっていたような雰囲気で話を聞いてほしいと、ずっと思っていたからかもしれません。最初は自分の事がよく整理できてなかったので、泣きながら話していたと思います。それでも、大谷コーチはしっかり受け止めてくださいました。最初のトライアルは、大谷コーチの方がしんどかったのでは・・ 今思えば、よく聞いて頂いたなという気持ちです。

状況が好転して、そこでもうコーチング終了とは思いませんでしたか?

1年位たって職場での状況も落ち着きましたが、その時の問題は解決しても、仕事をしている以上、次々に問題は発生しますので、定期的にお会いして、その時々の出来事をお話しています。

家族や職場の上司に相談するのではなく、なぜコーチに相談したのですか?

プライベートの問題で、家族が関わる事でしたら相談しますが、仕事の話で心配をかけたくなかったので、家族には話しませんでした。職場でも、女性の先輩がいる時はその方に相談していましたが、男性の上司には話したことはあまりなかったです。

ただコーチングを受ける中で、我慢して我慢して嫌だと思いながら動けなかったのが、ちょっとは自分で動かないといけない、自分の思っている事は外に向かって発信しないと変わらないと思い、職場での行動が変わりました。

自分を俯瞰して客観的に見ているもう一人の自分がいて、その事を意識すると感情的になる自分に冷静にこう行動したらいいともう一人の自分が教えてくれるようになり、その意識で周りを見ると、途中で色んな事が起こっても気にならなくなり、目標に向かって進めるようになりました。揺らぐことのない目標に向かっていれば、感情に引っ張られたり、雑念に惑わされず、今の状況をよくする行動ができるようになりました。

コーチングを受けたことで、自分が変わったというよりも、そういう考え方ができるようになり、そういう技術が身についたように思います。自分一人で悩んでいても思いつかなかった事が、大谷コーチと話したことにより、気づかなかった事に気づかせて頂いたり、知らなかったことを教えて頂きました。

大谷コーチのおすすめポイントを教えてください!

なんでも話せるし、なんでも聞いて下さる、人間として許容範囲が広く、経験豊かでオールマイティに対応してくれる方です。コーチングを受けようと思っている人が、コーチに何を求めているかがそれぞれ違うので、一概には言えませんが、どんな悩みでも寄り添って一緒に考えてくれる素敵な方です。

コーチングを悩んでいる人に向けて

実際コーチングを受けてみて、毎回自分なりの目標を自分で設定し、その目標に向かって行動する事がベースになっています。それが出来たか出来なかったかは自分が分かるので、誤魔化すことができません。それは自分で決めた目標だから、自分が一番分かっています。出来なくても誰にも怒られないけど、それを積み重ねる事で1つステップアップになり、それを繰り返し、繰り返しすることで、次の目標へと向かって前進して行けます。それがカウンセリングと違って、前向きになれるのがコーチングの良さだと思います。そしてそれが出来た事で自信に繋がっていくので、コーチングは行動が伴い、前向きに進んでいけます。自分一人だと考えもしない事を、コーチの一言ではっと気づく事が多いです。コーチに話すことで心の中を整理出来、なんでこんなことで悩んでいたのかと気づく事も多く、職場の人にはなかなか言いにくい事でも、第三者のコーチに相談することで、明確な回答が得られ、すっきりと前向きになれます。私もそこから始めたように、一歩踏み出して、まずはトライアルセッションから受けてみることをお勧めします。

コーチングは、自分が仕事を続ける上で必要なものと、静かに語って下さったH.Aさん。悩んでいた時は、仕事をいつ辞めてもいいかなと思っていたとの事ですが、大谷コーチに出会ったことで、前向きにそして冷静に、自ら行動を起こし、最後までしっかり仕事するのが今の目標です!と、迷いなくまっすぐにお話頂きました。

今回お話を聞かせて頂いた加瀬さんのコーチは、大谷佳子コーチです。是非体験セッションを受けてみてはいかがでしょうか?

大谷コーチへのお問合せ・お申込みはこちら
自分に合った条件で選ぶ!コーチ無料紹介はこちら