今月の特集コーチ&質問コーナーを更新しました!今回は後藤光コーチ特集!

今月の特集コーチは後藤 光コーチ!

セールスコーチングで、外資系金融機関の方などをクライアントとして抱える後藤光コーチ。「相手の話を聴く力」で「対話」をし、自分で考えを整理する手助けをしています。

コーチになったきっかけは何ですか?

夢を信じられる子どもがもっと増えてほしいという強い思いがあります。
「夢を信じられる子ども」がたくさんいる社会というのは「大人たちが夢を追いかけている社会」だという考えから、大人の夢を応援するコーチングの道を歩み始めました。

どんな人を対象にコーチングしていますか?

セールスコーチとして、特に外資系生命保険会社の営業マンを対象としたコーチングをしています。
自分が扱う商品に対して、熱い想いを持っているセールスマンの応援がしたいと考えています。
10名のクライアントを抱え、個人セッションをメインに活動しています。

セールスに「コーチング」は有効ですか?

コーチングサーチ特集コーチ 後藤光コーチ

はい。実際に、クライアントには成果が出ています。
「やらなきゃいけないこと」を「やりたいこと」に変換するのがセールスでのコーチングの特徴です。

後藤コーチのコーチングの特徴は?

コーチングが終わった時に「よし、やるぞ!」となる点が特徴です。
もちろんコーチなので、クライアントの話は思う存分聞かせて頂きますし、今まで気づいていなかったことを引き出すこともします。
その一方で、伝説の保険営業マン、小林一光さんから習得したノウハウなどを活かして、一緒にアイディア出すこともします。
コーチングとコンサルティングの間といった印象です。