しぎはら ゆきコーチ プロフィール

母校からの推薦コーチ

納得のいく人生にするために、なりたい自分になろう!

しぎはら ゆき

どんなことを話しても大丈夫だと思えるような安心感に包まれた雰囲気のなかでお話をお聴きします 

出身スクール

コーチングアカデミー

取得資格

国際コーチ協会認定 ポテンシャルコーチ
国際コーチ協会認定 インストラクター
Points of You®︎認定 トレーナー

こんなお悩みはありませんか?

□ 物事がうまくいかないと他人のせいにしてしまうことがよくある
□ つい感情を爆発させてしまって後悔してしまう
□ このままじゃいけないなぁと思っている
□ 自身の言動に納得できるようになりたい
□ 自分の思考のクセを見つめながら頭の整理をしたい

このようなお悩みをコーチングで解決できるかもしれません。

自分の人生を自分で創っていく

こんなお客様がいらっしゃいました。

「子どものテストの点数ばかり気にしてしまって、
本当は怒りたくないと思っているのに子どもを叱ってしまうんです」

思春期を迎えたお子さんの子育てに悩み、
子育てに対する自信をなくしかけていた女性は
「このままじゃいけない!子どものため にも自分が変わらないと!!」
との想いでセッションをスタートしました。

やがてセッションを重ねるなかで、
母としてのありかた、
一人の人間としてのありかたを考えていくことが必要だとご自身で気づかれていき、

その結果、
「いま悩みがないの!」
と仰る日々を過ごされるようになりました。

そんな彼女のお姿は、
ご家族や周囲のご友人にも良い影響をもたらしておられるようです。

このお客様のように物事がうまくいかないと感じたり、
もしくは
どうしてこんなことが起こるんだろう・・と感じるときは、
何かが切りかわろうとしている瞬間なのかもしれません。

そこから物事の流れがプラス方向へと変わっていくか
それとも
マイナス方向のループにはまってしまうのかは
自分がどちらを選択するのかということ、

つまり、
自分次第で決めることができるのです!

実は、
私自身もかつては「うまくいかないこと」が連続する日々でした。

大学受験のときは、
本当に通いたかった大学への再挑戦をあきらめてしまい、
就職先を考えるときは、
強い憧れを長年抱いてきた客室乗務員へ挑戦することさえせずに
腰痛持ちであることを理由にあきらめる始末。

なんとなぁく流されるように生きていて・・
「私の人生なんて、どうせこんなものだ ろう」と思い込んでいました。

ところが、
そんなあきらめ続きの私の人生にもついにターニングポイントが訪れました!

それは突然の乳がん発覚。

身内には誰も乳がんの罹患者はおらず、
何で私にこんなことが起こるのかと毎日泣いていました。

あのとき生まれて初めて自分の命の長さについて真剣に向き合い、
がんという病気に対する恐怖というよりも
このままの人生で命を終えることに対して大きな恐怖を抱きました。

「私の人生、このままじゃいけない!」

それまでは「私の人生なんて、どうせ・・」とつぶやいていた私でしたが
ようやく人生の流れを変える一歩を踏み出し た瞬間でした。

とはいっても、
人生のターニングポイントは、
大病を患ったり、命を意識するような事態が起こったから訪れたのでは?
と思う方がいらっしゃるかもしれませんね。

病気に罹らなくとも、
現状を良い方向へ変わろうとする強い想い、
「このままじゃいけない!」と自分で意識することができればよいのです。

どのような人生にするかは自分で選択できる、
それに気づくことで
いまこの瞬間からあなたにも出来ることがあります。

物事はすべてあなたのタイミングで起こるのかもしれません。
誰かと比べることなく
淡々と目の前のことに取り組んでみませんか?

お客さまの声

昨日はありがとうございました。
自分を見つめ直せました
自分には出来ていることがいっぱいある。
最初から比べたら夢みたいに?!
いつの間にこんなに進んだのだろう・・
気が付けば着実に進んでいる自分がいました
すべての自分に〇を出して行きたいです。
まず自分がありのままの自分を生きる事で、
また誰かにこころを掛ける、気持ちを掛ける、声を掛ける、
そんな歩み寄り、おすそ分けが出来るのかも知れません。

ゆきさん、本当にありがとうございます。
自分を楽しみながら、出会う人お一人お一人を大切にしながら行きたいと思います。
ゆきさんに頂いた愛はまた、お伝えして行きます。
(K.K.さま 30代女性)

————————————————————-

コーチングセッションを通して、自分があきらかに変化してきた。
自分が何をしたいのか、どうしたいのかという自らの意志に従って決断して動くようになってきている。
コーチングセッションを受ける前の自分を思い出すと、
同様の事柄に対する感じ方、考え方、そこからの結論の導きかたが違ってきた。
自分のなかに、周りの人の役に立ちたいという気持ちがあるということを認識できた。
同時に、これまでの自分の行動は人のためと思っているつもりが、
実は自分本位のものであったことにも気づいた。
(K.K.さま 40代女性)

————————————————————-

成功体験は、必ずしも数字化されているものではなくてよいということに気づいた。
数字化できるもののほうが指標に対してどれくらい成果があったかわかりやすいという気持ちはあまり変わらないが、
小さな成功体験をみつけるという点では気が楽になった。
私は現在の勤務先のカルチャーしか知らないことを改めて実感した。
何によって評価されるのか・行動の原点はどこにあるのか、それが一般的であろうと思い込んでいた。
しかし、それらは当然違うだろう。もちろんこの会社で評価されるには数字が絶対だが、必ずしもそれを外でアピールしたらプラスになるとは限らないと思った。
(S.O.さま 20代女性)

————————————————————-
何事も前向きに考えられるようになったと思います。
息子に対してもガミガミ言うだけでなく、息子の味方になるには?と考えるようになりました。
日常ではなかなか自分と向き合うことはないと思うので、自分や家族、友達関係について向き合える時間となりました。(T.M.さま 40代女性)

サービス

セッション形式:対面(スカイプご希望の方はご相談)
料金メニュー:対面セッション 1回60分¥10,000
詳細につきましてはお問い合わせください。
* 無料セッション40分をお試しいただけます。

私ってこんなひとです

1970年東京都生まれ。
短大卒業後、銀行へ就職。
結婚を機に退職と同時に大学へ編入、
主婦・派遣社員・学生として暮らしながら8年越しで大学を卒業する。
派遣社員から正社員へと働きかたを変えたころから、自身の能力の発揮の仕方に思いをめぐらせるようになり、納得感を抱きにくい日々を送るようになる。

そんなある日、右胸のしこりに気づく。
2度の生検による結果はどちらも良性だったが、
「絶対に摘出するべき!」とのカラダの声に従って摘出手術を志願。
術後の病理検査で悪性細胞が見つかったことから自身に備わる感覚を大切にするようになる。

病気のおかげで命とは有限であることに気づき、生きかたや在りかたについて大きな興味関心を持つようになる。
そこで、それまでの自身の生きかたや在りかたを悔い改めてなりたい自分になろうと決意のうえ、コーチングを学ぶ。

現在は、なりたい自分に向かうひとを応援するライフコーチとして、
さらに、自身が学んだコーチングスクールでコーチ養成インストラクターとして活動している。

ブログ・SNS

ブログ : なりたい自分になるために笑顔の種をまこう♪
Facebook : https://www.facebook.com/yuki.shigihara.7

しぎはらゆきコーチへのお問い合わせはこちら!

お客様口コミレビュー

  • I.Y様
    コーチングについて(5段階):非常に良かった コーチングを受けられたご感想:自問自答していたことに対して数年後にどうなっていたいかを先に想像して、その希望する未来から今、何ができるかを掘り下げて考えることができました。今できることを具体的に書き出すとそんなに難しいことではないことが分かり、コーチングを受けたその夜から実行することができました。今までは行動するまでに時間を要していましたが、すぐに行動に移すことができ、コーチングを受けて良かったと思いました。また、コーチの人柄や雰囲気も自分に合っていたので素直に話すことができ、心がすっきりしました。
  • M.E様
    コーチングについて(5段階):非常に良かった また受けられたいと思われますか(5段階):既に契約した コーチングを受けられたご感想:どうやったら目標に少しでも近付けるかが明確になり、 がんばろうという気持ちがわいてきました。 今まで目標があるのになかなか達成できず、 自信がなくなっていました。 何故その目標を達成させたいのかが明確になったので、 モチベーションを持ち続けられそうです。 更には自信につなげていきたいなと思います。 ありがとうございました。

その他の情報を見る