コラム

管理職になったらコーチングが必須なのはなぜ?

2019年11月20日

「部下や後輩をどのように指導育成していいのかわからない」
「さまざまなスタッフがいるなかで効果的なコミュニケーション方法がわからない」
「どうやってスタッフのモチベーションをあげるのか分からない」
「管理職としてスタッフにもっと成長してもらいたい」
管理職になると部下や後輩の指導育成を担わねばなりません。

しかし多種多様なスタッフがいるなかで、どのように関わっていけば効果的なのか、なかなか答えが見つからないのではないでしょうか。
コーチングではコミュニケーションの基本的なスキルを学び、指導育成に対する姿勢を身につけることができます。まさに管理職には必須のスキルなのです。

コーチングとは~管理職になったら必須なのはなぜ?

コーチングの目的・特徴

コーチングとは、自分で考えて行動できるスタッフを育成するために、スタッフ自身の力を引き出していくスキルのことを指しています。
管理職になると指導・育成が求められますが、どのようなやり方で取り組んでいけばいいのかすぐに答えが見つからないという方が多いのではないでしょうか。
部下の能力をうまく引き出すことができず、指示や押し付けばかりになってしまうことがあります。
コーチングスキルを身につけると、コミュニケーションを活性化し、部下や後輩と信頼関係を結ぶなかで、業務に必要な人材を育成するために最大の効果が発揮できるようになります。

管理職に必須のコーチング

今まで人材育成方法について学んだことがない管理職であっても、コーチングスキルを体系的に学ぶことによって効率的に身につけていくことができます。管理職は部下や後輩を育て上げ、会社に貢献できる組織作りを意識していかねばなりません。

しかし管理職になる前にどのように人材を育成していくかについて教育されるわけではなく、あくまで管理職の資質に委ねている会社がまだまだ多いといえます。そのためコーチングは管理職に必須のスキルであるといえるのではないでしょうか。

管理職のコーチングの学び方

初級管理職研修などコーチング研修の受講

コーチング研修にはさまざまなものが開催されており、管理職であれば「初級」「中堅」「上級」などスキルに応じた研修が用意されています。

初級管理職研修であれば、部下や後輩の視点に立ってみて、どのようなことを感じ、何を望んでいるのか共感・承認するというコーチングマインドを身につけていきます。
実際に演習を通じてコーチングスキルを高め、部下や後輩の能力ややる気を引き出し、会社に必要な人材に育てることのできる管理職を目指します。

コーチングセミナーの受講

コーチングセミナーにおいては、「コーチング」だけではなく「OJT」「メンター」「部下指導のためのコミュニケーション」など管理者が興味あるテーマが設定されていますので、必要なスキルを身につけることができます。

セミナーにおいては、部下や後輩が主体的に仕事に取り組めるように、スタッフ自身の力を引き出し成長を促すことができる必要なスキルが集中的に学べます。
さまざまな実践的なセミナーが用意されていますので、人材育成スキルを高めたい管理職に人気となっているものも多くあります。

コーチングを直接受けてみる

管理職が部下や後輩が掲げている目標を達成し、業績を向上させるようにするためには、自らがリーダーとして求められる可能性を引き出していかねばなりません。

そのためには座学で管理職スキルを学ぶのではなく、実際にコーチングを受けてみて、優秀なコーチとコミュニケーションを交わしながら学んでいくことが最適です。常に管理職としても目標を客観視することができ、より効果的に成果につながていくことが可能です。

コーチング研修講師にセミナーや講師を依頼する

管理職やリーダーが受講できるように、スキルの高い講師にセミナーや講演を依頼することができます。
まだまだ企業ではトップダウン型のコミュニケーションやリーダーシップが多く、そのような指導育成では部下や後輩が育たなくなってきました。そのため高いコーチングスキルを持ち合わせた人気の講師による講演を受講することによって、早い段階から個人の価値観に合わせた指導方法を学んでいくことができるのです。

コーチング研修の費用・料金の相場は

コーチング研修の費用・料金には差がありますので、自分自身に適した内容のものを選ぶようにすればいいでしょう。

一人だけ受けるという場合、一般で公募している階層別のコーチング研修を受講すると、1日かけて行う研修であれば5万円~15万円程度が相場であると言えます。セミナー形式のものであれば、半日から1日程度のもので3万円~12万円程度となっています。但し、パッケージ商品の為、研修内容はその会社に特化したものではありません。

コーチングを実際に受けてみる場合や講師依頼をする場合においては、講師やテーマによっても差があり、3時間程度で3万円程度のものもあれば20万円程度必要になる場合もあります。
同じ立場の管理職がたくさんいる場合はこちらに当てはまります。公募型に比べると比較的高めですが、講師や研修会社がヒアリングを行い、実際に起こっている課題や問題を収集し、その人や会社に特化した内容でプログラムを組むので、実践的な研修を受けることができるでしょう。

管理職になったらコーチングが必須!

管理職のコーチングの必要性についてお伝えしました。

管理職になると部下や後輩の指導育成が大きな役割となりますが、スタッフの価値観にさまざまなものはあるなかで適切な人材育成スキルを学ぶことはとても重要です。その答えを見出すためにはコーチングの基本スキルを学ぶことが適切だといえます。
まさに管理職に必須のスキルだといえるでしょう。まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

部下との対話時間の必要性5つのポイント

2016年11月11日

 

部下のやる気を引き出すためには、対話の時間が大切です。しかし、忙しいという理由でコミュニケーションを取っていなかったり、普段よく話すから社員面談の時間を設けなかったりと、さまざまな会社があります。ここでは、部下とのコミュニケーションとコーチングの手法について見てみましょう。

 

1.まずは忙しくても声かけをすべき

 

毎日の仕事に追われていると、なかなか部下と会話をする時間が捻出できません。管理職に共通する懸念事項です。まとまった時間を作るのは難しいとしても、日々の挨拶や簡単な声掛けから始めてみてはいかがでしょうか。何か問題が起きる前に部下がいつでも報告できるよう、気軽な距離感をキープしておくことは大切です。

 

指示を出す際に、一言質問を投げるようにしても良いでしょう。こちらの言いたいことをぶつけるだけではなく、相手が言葉を発する機会をできるだけ多く作るようにしてください。特定の部下だけでは逆効果です。とにかく、日々すべての部下に一言かけるようにしましょう。一人あたりに費やす時間は少なくてもかまわないので、できるだけ全員に声をかけることが肝心です。どのスタッフとも話し合いをしやすい雰囲気を作ることがコーチングの土台となります。

 

2.勤務外の時間の使い方

 

食事や飲み会など、勤務外の時間も部下の本音を聞き出すことができるチャンスです。これらの時間をフランクな個別面談として活用してみませんか? ただし、部下が嫌がるのに無理に誘うようなことは絶対にやめましょう。勤務外の時間は基本的に部下自身のものです。相手の気持ちや都合を最優先に考えてください。

 

また、上司が奢る場だとしても、説教や自慢話をするのは逆効果です。あくまでも、相手の話の傾聴に徹するようにしなければいけません。まず、「今の職場の問題点について意見を聞きたい」「職場の雰囲気の改善を相談したい」など、部下の意見や考えを聞きたいというスタンスを最初にはっきりと示しましょう。そして、的確な質問を投げることができるかどうかも、上司の腕の見せどころです。部下から見て、上司に誘われたことによる警戒心を解きほぐすようにしてください。

 

3.日常コミュニケーションが取れていても、社員面談の機会は設けるべき

 

毎日の会話の頻度も問題なく、「日常的なコミュニケーションは取れている」と自負している方もいるかもしれません。しかし、日常的にコミュニケーションが取れていても、あらためて社員面談の機会を設定することをおすすめします。面談を設けることで、さらに深く意思の疎通をはかることができるからです。

 

日頃から部下と話をしているように思っていても、実は上司が一方的に話をしているというケースは少なくありません。部下は「言いたいことを言えない」「上司は話を聞いてくれない」「特定のスタッフとばかり話している」など、不安を抱えているかもしれないのです。

 

4.社員面談時にはコーチングスキルを活かして聞くこと

 

社員面談に際しては、相手の話を聞くことが重要です。このときはコーチングスキルを活用しましょう。ただし、コーチングと一口に言ってもさまざまな手法があります。たとえば、目標設定面談や評価面談などでは説明・伝達が中心となりますが、ここでは質問・傾聴をメインとしてください。

 

部下の質問・傾聴に軸足を移した面談は、どうしても時間がかかるというデメリットがあります。しかし、部下の本音を聞き入れ理解を示すことで、モチベーション、信頼感、親密感などをアップさせることができるなど、時間を使ったことに対して余りあるメリットがあるといっても過言ではありません。「聞き逃し」や「聞いたつもり」を未然に防ぐためにも、自己流ではなくすでに確立されているメソッドを使用するのは大事なことです。ぜひ、コーチングメソッドを活用してみてはいかがでしょうか。

 

5.有名コーチに研修を受けよう

社員面談や勤務外の時間など、部下との対話時間をうまく作り、適切なコーチングを行うことが大切であるとお話ししました。しかし、コーチングそのものを十分に理解できていなかったり、知識があっても実践できなかったりと、お悩みの管理職の方も多いと思います。そこで、東京で有名コーチによるコーチング研修を受けたい方は、コーチングサーチCoaching Searchを利用してみてください。

 

コーチングサーチCoaching Searchは、コーチングスクールやコーチング講師の紹介を行っている、基礎からコーチングを学びたい人にも最適のサイトです。対面・電話・スカイプいずれかの方法で、希望するジャンルのコーチングを依頼することができるようになっています。ビジネス専門のコーチも多数登録があるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。便利なのは、予算が時間などの条件や状況に応じてその場にあったコーチを選んでくれるところです。正直、どのコーチにお願いしたらいいのかわからないといった場合は、完全にお任せできるのがいいですね。

 

「うちの部署は普段から会話が多い」と思っている管理職の中には、実は自分が話しをするのが好きなだけというタイプも珍しくありません。逆に一見物静かに見えるような上司の下のスタッフほど、日頃から意思疎通が盛んな様子も見られます。会話とは相手の話を聞くことから始まるというのは、つい忘れ去られがちな真実です。しかし、コーチングでも質問・傾聴は最も重要な要素の一つです。コーチングを学ぶことで聞き上手を目指してください。

法人団体向け研修・社員面談・講演はこちら

個人向けコーチングスキル習得はこちら