管理職になったらコーチングが必須なのはなぜ?

「部下や後輩をどのように指導育成していいのかわからない」
「さまざまなスタッフがいるなかで効果的なコミュニケーション方法がわからない」
「どうやってスタッフのモチベーションをあげるのか分からない」
「管理職としてスタッフにもっと成長してもらいたい」
管理職になると部下や後輩の指導育成を担わねばなりません。

しかし多種多様なスタッフがいるなかで、どのように関わっていけば効果的なのか、なかなか答えが見つからないのではないでしょうか。
コーチングではコミュニケーションの基本的なスキルを学び、指導育成に対する姿勢を身につけることができます。まさに管理職には必須のスキルなのです。

コーチングとは~管理職になったら必須なのはなぜ?

コーチングの目的・特徴

コーチングとは、自分で考えて行動できるスタッフを育成するために、スタッフ自身の力を引き出していくスキルのことを指しています。
管理職になると指導・育成が求められますが、どのようなやり方で取り組んでいけばいいのかすぐに答えが見つからないという方が多いのではないでしょうか。
部下の能力をうまく引き出すことができず、指示や押し付けばかりになってしまうことがあります。
コーチングスキルを身につけると、コミュニケーションを活性化し、部下や後輩と信頼関係を結ぶなかで、業務に必要な人材を育成するために最大の効果が発揮できるようになります。

管理職に必須のコーチング

今まで人材育成方法について学んだことがない管理職であっても、コーチングスキルを体系的に学ぶことによって効率的に身につけていくことができます。管理職は部下や後輩を育て上げ、会社に貢献できる組織作りを意識していかねばなりません。

しかし管理職になる前にどのように人材を育成していくかについて教育されるわけではなく、あくまで管理職の資質に委ねている会社がまだまだ多いといえます。そのためコーチングは管理職に必須のスキルであるといえるのではないでしょうか。

管理職のコーチングの学び方

初級管理職研修などコーチング研修の受講

コーチング研修にはさまざまなものが開催されており、管理職であれば「初級」「中堅」「上級」などスキルに応じた研修が用意されています。

初級管理職研修であれば、部下や後輩の視点に立ってみて、どのようなことを感じ、何を望んでいるのか共感・承認するというコーチングマインドを身につけていきます。
実際に演習を通じてコーチングスキルを高め、部下や後輩の能力ややる気を引き出し、会社に必要な人材に育てることのできる管理職を目指します。

コーチングセミナーの受講

コーチングセミナーにおいては、「コーチング」だけではなく「OJT」「メンター」「部下指導のためのコミュニケーション」など管理者が興味あるテーマが設定されていますので、必要なスキルを身につけることができます。

セミナーにおいては、部下や後輩が主体的に仕事に取り組めるように、スタッフ自身の力を引き出し成長を促すことができる必要なスキルが集中的に学べます。
さまざまな実践的なセミナーが用意されていますので、人材育成スキルを高めたい管理職に人気となっているものも多くあります。

コーチングを直接受けてみる

管理職が部下や後輩が掲げている目標を達成し、業績を向上させるようにするためには、自らがリーダーとして求められる可能性を引き出していかねばなりません。

そのためには座学で管理職スキルを学ぶのではなく、実際にコーチングを受けてみて、優秀なコーチとコミュニケーションを交わしながら学んでいくことが最適です。常に管理職としても目標を客観視することができ、より効果的に成果につながていくことが可能です。

コーチング研修講師にセミナーや講師を依頼する

管理職やリーダーが受講できるように、スキルの高い講師にセミナーや講演を依頼することができます。
まだまだ企業ではトップダウン型のコミュニケーションやリーダーシップが多く、そのような指導育成では部下や後輩が育たなくなってきました。そのため高いコーチングスキルを持ち合わせた人気の講師による講演を受講することによって、早い段階から個人の価値観に合わせた指導方法を学んでいくことができるのです。

コーチング研修の費用・料金の相場は

コーチング研修の費用・料金には差がありますので、自分自身に適した内容のものを選ぶようにすればいいでしょう。

一人だけ受けるという場合、一般で公募している階層別のコーチング研修を受講すると、1日かけて行う研修であれば5万円~15万円程度が相場であると言えます。セミナー形式のものであれば、半日から1日程度のもので3万円~12万円程度となっています。但し、パッケージ商品の為、研修内容はその会社に特化したものではありません。

コーチングを実際に受けてみる場合や講師依頼をする場合においては、講師やテーマによっても差があり、3時間程度で3万円程度のものもあれば20万円程度必要になる場合もあります。
同じ立場の管理職がたくさんいる場合はこちらに当てはまります。公募型に比べると比較的高めですが、講師や研修会社がヒアリングを行い、実際に起こっている課題や問題を収集し、その人や会社に特化した内容でプログラムを組むので、実践的な研修を受けることができるでしょう。

管理職になったらコーチングが必須!

管理職のコーチングの必要性についてお伝えしました。

管理職になると部下や後輩の指導育成が大きな役割となりますが、スタッフの価値観にさまざまなものはあるなかで適切な人材育成スキルを学ぶことはとても重要です。その答えを見出すためにはコーチングの基本スキルを学ぶことが適切だといえます。
まさに管理職に必須のスキルだといえるでしょう。まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら