売上を増やしたい?売上を減らしたくない?

 

今年も終わりに近づいているからでしょうか?

売上についての話が最近多い感じがします。

ある社長さんとお話しした時の事です。

(下記、ご本人のご承諾を得て記載しています)

「今年の売り上げはまあまあ何とか良かった。

来年も売り上げが伸びるように増やしたいんだ。

でも来年は保証されていないから色々先を考えると焦っちゃって。

売り上げを減らしたくないんだよね。」

会話の中でこんなことをお話しされました。

ここで一つ気になる文が2か所出てきましたので今回ご紹介します。

・売り上げが伸びるように増やしたいんだ。

・売り上げを減らしたくないんだよね。

もともとは売り上げについての悩みなので、これらは一緒の意味合いですよね。

でも、それぞれの言葉から

どういう行動が考えられるか?

自分がどういう状態でいるのがベストか?

この言葉のイメージするものは?

など、分解してもらうとこういった答えが返ってきました。

『売り上げが伸びるように増やしたいんだ。』

・活動が止まっていない

・常に動いている

・一つの顧客に執着しない

・DMやチラシ、メールや電話営業など、コンスタントに営業活動をしている

・やるべきことをやっている

・コツコツ活動を続けていい時も悪い時もあっても、一喜一憂しない優秀な営業マン

・活動の先に希望が見えている感じ

どんどん湧き上がってくるイメージを話しながら、

自分の行き先に希望が見えてきたと顔を明るくしていました。

ここで、ご本人は気づかれていましたが、

念のため、もう一つの言葉についても分解して頂きました。

出てきた内容はこのようなものでした。

『売り上げを減らしたくない』

・既存客に対してしか営業していない

・既存客に固執していて、しがみついてる感じ

・既存客がなくなってしまうのを恐れている

・既存客のことで頭がいっぱい。

・考えていることが狭すぎ。

暗く、狭まった自分になっていたと、言葉の威力に驚かれていました。

・売り上げが伸びるように増やしたいんだ。

・売り上げを減らしたくないんだよね。

これらはもともと同じ意味なのに、どうして気分まで変えるのしょう?

それは言葉の選択です。

「○○したい」という言葉は肯定的な言葉です。

「○○したくない」という言葉は否定的な言葉です。

肯定的な言葉の方が力づよく、そのものに近づきやすいのです。

逆に、否定的な言葉は。。。

突然ですが、「ピンクの像」を想像しないでください!

つい、想像してしまいませんでしたか?

多くの人が実際に想像してしまうものなのでご安心を(笑)

潜在意識は否定語を理解できません。

否定する前にピンクの像を想像するのです。

つまり、売上が減った自分を想像して、その考えに囚われてしまうのです。

こんなちょっとのことですが、

気持ちが変わるので行動までが変わります。

意識して、「前向きな言葉」「肯定的な言葉」などの

プラス言葉を選択して使ってください。

結果も変わりますよ。

  ブログランキング・にほんブログ村へ