私のコーチングセッションの使い方

ある会社の社長さんとお話していたとき、
「阿部さんってそうやってコーチングの時間を使うんだ!」
と言われてびっくり。。。
何故かというと、その方は大手のコーチングスクールで学ばれた方で
ご自分でもコーチングを受けているし、
社員にもコーチングをしている方だったからです。

コーチングを学んだ方でも、
また、既に毎月コーチングセッションを受けているとしても
他の人がどうコーチングセッションを使ってるか知らないこともあるんだから、
私なりのコーチングセッションの使い方をご紹介しないとな。
と、思いたったのでした。

そもそも、なぜ私がコーチングをお願いしたか?

そのきっかけは、もっともっとビジネスを加速させたい!という
思いが膨らんだからです。
自分が決めた方針で、集中してガンガン行動していきたい。
で、すぐ脱線してしまいがちなこの性格を
能力を引き出すコーチに(マラソンのように)伴走してもらいたい。
こんな事がきっかけでした。


今、月に2回、各60分コーチングセッションをお願いしています。
話が長くなってしまいだいたい90分~2時間になってしまうこともあります。
(コーチ、、、、ごめんなさい!!m(__)m)
以前は月に1回のコーチングでしたが、
今回は、月に2回お願いしています。
今の自分にはちょうどいい頻度です。

私のコーチングの使い方はこうです。
「今日は、セミナーのテーマが頭の中でグルグルして決めきれないので、ここで決めて答えを出したい」
「今日は、心底嫌なことがあったのでこの気持ちの比率を下げて、次の仕事に集中したい」
「今日は、来期の売上げを上げる具体的な案をだしたいのでどうすればいいか答えを出したい」などなど。

私の場合、今のところ基本的には毎回違うテーマでお願いしています。
ビジネスの話がほとんどですが、
仕事の人間関係やプライベートの好きな事についても相談しています。

コーチング中に内容の制限はありません。
テーマに全く関係ないような会話も点と点が線で繋がって、
最終的に答えが出ることもあるのです。
ただ、セッション時間は意識した方がいいですよね。
人によっては、最初に大きなテーマを決めて、次回のセッションで
それをやってみてどうだったか?という、
進捗確認と見直し・改善をしていく時間に使っている方もいます。

ここで注意!!

決めて取りかかっていることの進行が滞っていたところで、コーチは怒りませんよ(笑)コーチは上司ではなく、対等な立場(パートナー)ですし
自分が決めて進行が遅れていても、困るのは自分だけですから。。。
怒ってほしいなら予めコーチにお願いするのも手ですけど(笑)

さて、私のコーチング受講は基本的に木曜日と決めています。
同じ周期で「自己実現を考え、自分に取り組む日」というようにしていくと
なんだかリズムがいいのです。

第1と第3木曜日にコーチングセッション。
セッションが終わったら、その時に出た答えについて、
すぐに取りかかり、ある程度行動して様子をみます。
だいたい1~2か月くらい回してみると、
うまくいったとか、
この部分については改善が必要だなぁ。とかが見えてきます。
グルグルグルグルPDCA、PDCAの繰り返しです。
※PDCA・・・(Plan計画、Do行動、Check評価、Action改善)

それがいくつも同時進行で、
自分の中での重要テーマを
2週間毎に処理していけるのです。

先日、今日はテーマ考えてこなかったよー。どうしよう!!という時がありました。
テーマを決めていないので現状に問題が無い、というわけではなく、
何かが気になるけどはっきりした要因がわからないといった感じです。
そのままセッションに突入して、
正直にコーチへ「今日はテーマを考えてこなかったんです。」というと
ニッコリ笑顔で「じゃあ一緒に考えてみましょうか!」と言ってくれます。
なるべくテーマをはっきりしている方が見たい結果を出せる傾向にありますが、
こんな風に、テーマを一緒に見つけてくれるのがいいですね。

大谷佳子コーチのセッション中)

決めていないとは言っても、常日頃から頭の中でモヤモヤしてた
「来期の売り上げを倍にするにはどうするか?」というビックテーマで挑みました。
そうして話しているうちに、
昔から当たり前に考えていたけれど、当たり前すぎて自分では気づかず、
勝手に自分で頭の中へ保管していたものを見つけてくれました。

それを私の思考の奥底から引っ張りだしてくれて、
来期に向けての具体的な計画を決めることができました。
忘れられない大変有意義な時間でした。

一般的な1セッションあたりの相場は、
スカイプで1時間1~1.5万くらい、対面だと1.5~2万くらいが相場でしょうか。

ほとんどのコーチの料金設定は、単発だと割高ですが、
長期契約にすると、1回のセッションが割安になります。
(例えば、単発セッションだと2万円だけど、3か月6回コースなら10万といった形)
単発でやるよりも、3か月や半年じっくり時間をかけて
「自分成長プロジェクト」を行う方が
PDCAサイクルを回せるので成果が出やすいと思っているので、
私の場合、最初3か月契約でその後継続したかったら
3か月更新という形にしています。


自分は対面で相手の表情が分かった方が安心する性格なので、
いつも対面セッションを希望しています。
昔、コーチングセッションは安い方がいいと考えていました。
とってもいいものなんだけど、現実には1セッションに1~2万。
「会話」に対する支払いとしては高いよなあ。
それが数年前の私の感想でした。

ですが今現在は、
セッション料金が高いほど自分に覚悟ができると考えるようになりました。
その後の時間を実のあるものにするために。
また、高い分、何がなんでも元をとってきちんと行動してやると思うために。
毎日の自分の行動一つ一つに「意識」するようになります。

もちろん、料金については人それぞれの意見がありますので
これはあくまでも私個人の見解です。
ですが、有名コーチの30分5万円のスカイプコーチングを受けた友人は
それまでとまるっきり行動が変わっていました。
聞いてみると、
「5万円は確かに高いけど、その分、元をとろうと思って真剣になる。」と。

ただ、効果がない人がいるのも事実です。
変化したいと思っていない、コーチに依存して自ら考えない、
何も行動したいと思っていない、コーチと相性が合わない、など。
この場合、残念ながらコーチングは機能しません。
でも、変わりたい、成長したいと思う人なら必ず変わります。
個性を修正せずに、能力をぐんぐん引き延ばしくれるコーチング。
自分にコーチをつけてみませんか?