ヒューマンアカデミー 学校紹介

ヒューマンアカデミー

「学ぶ」「働く」「支える」を応援するヒューマングループ

ヒューマンアカデミー

相手に分かりやすく物事を伝えるには?親子関係をよくするには?気になるあの人を振り向かせるには?…などなど、日常で使える心理学を学んでコミュニケーション力を高めよう!

 ヒューマンアカデミーが選ばれる4つの特徴

 ヒューマンアカデミーの心理カウンセリング講座が選ばれる4つの特徴

実践を重視したカリキュラム

少人数担任製授業で一人ひとりのペースに合わせて授業を進めます。

教材が充実

初心者の方でもしっかり身につけられるようステップアップ学習法で確実な成果を得られます。

修了後は認定証を授与

申請により世界でもっとも権威のある米国NLP協会発行の認定証を授与。

便利な学習ローン利用可能

受講料のお支払いにご利用頂けます。

コース一覧

メンタルヘルス・マネジメント認定®対応 MCAAプラクティショナー認定コース

通学ライブ授業&オンデマンドフリータイム授業

日本未病システム学会部会「特定非営利活動法人未病リサーチスクエア協会」が認定する「メンタルヘルス・マネジメント検定®対応 MCAAプラクティショナー認定コース」では、3つのステージを4つの講座でカリキュラム編成し、入門基礎から、メンタルヘルス・マネジメントR検定試験合格、カウンセリングスキルの習得まで目指します。 大事なポイントを繰り返し学習しながら、実践でアウトプットできます!

ココロと身体の連動を医学的観点から学びます。

メンタルヘルスの基本である「自律神経バランス」と「精神的免疫力」についての理論から、「ココロの動き」と「身体バランス」の連動を医学的観点から学びます。

セルフケアとラインケアの両方に対応!

仕事や職業生活に伴う不安や悩みの原因と改善方法を知り、職場におけるメンタルヘルスを実践する力を養います。セルフケア(自分自身)とラインケア(管理者の立場)の両方に対応しています。

カウンセリング実践の基礎を学びます。

会得した知識や経験を自分のためでなく他人のために活かす=カウンセリング(コミュニケーション)実践の基礎を学びます。

受講期間

3ヶ月~

米国NLP™協会認定NLPプラクティショナー

だれもが応用できる「成功する思考と行動モデル」が体系的に学べます

NLPは、コミュニケーションに優れた人たちの思考や行動を分析して、1970年代に米国で開発された実践心理学。この講座でNLPのスキルが体系的に学べます。

素早く信頼関係を結ぶ心理コミュニケーションと脳の使い方をマスターします

相手と対面して、素早く信頼関係が結べるには、そのベースとなる心理コミュニケーションが重要です。講座ではさらに、成功するイメージ脳の使い方を合わせて体得します。

日常すぐに実践できる内容だから、講座で習ったらすぐ実行!

多くの受講者の方が「受講後コミュニケーション力やモチベーションが向上した」という感想をもっています。仕事における部下と上司の関係、クライアントとの関係、家庭における家族関係、プライベートにおける恋愛関係や友達関係など様々なシチエーションで学習した内容をすぐに実践できます。

米国NLP™協会発行の資格を取得

一週間60時間のプログラムを修了された方には、米国NLP™協会発行、創設者リチャードバンドラー直筆サイン入り、「米国NLP™協会認定NLPプラクティショナー認定書」が授与されます。 ※やむをえない理由で欠席された場合、全国最寄のヒューマンアカデミーで振替受講して頂くことで資格取得が可能です。

再受講コースで復習やさらなるスキルアップも可能

プラクティショナーコースを修了された方は、73,500円(税込み)で全カリキュラムの再受講も可能です。同じトレーナーでスキルの理解を深める事もできますし、別のトレーナーで受講することで新たな気付きを得ることも出来ます。

学習内容・対象レベル

相手と対面して、素早く信頼関係が結べるには、そのベースとなる心理コミュニケーションが重要です。 講座ではさらに、成功するイメージ脳の使い方を合わせて体得します

受講期間

3ヶ月~

米国NLP™協会認定NLPマスタープラクティショナー

 NLPスキルを人に伝える応用力をマスターします

コミュニケーションに優れた人たちの思考や行動を分析して、1970年代に米国で開発された実践心理学 NLP。元アメリカ大統領やプロスポーツ選手なども活用している事でも有名です。本講座ではNLPを「人に伝える」応用力が体得できます。

人材育成のプロが指導するので、実践事例が豊富!

この講座はただの資格セミナーではありません。「ビジネスに私生活に、どう生かしていくのか?」をテーマに実践経験が豊富なトレーナーが、身近な事、仕事の事、あらゆる実践事例をご紹介します。

実践ワークは日常すぐに実践できる内容

だれもが日常で行っていることの中から、特に心理効果の高い方法を抜き出したコミュニケーションモデル。なので、予備知識や経験がなくても、だれでも楽しく実践できます。

米国NLP™協会の資格を取得

50時間のカリキュラムを修了後、米国NLP™協会発行、創設者リチャードバンドラー直筆サイン入り、「米国NLP™協会認定NLPマスタープラクティショナー」認定書が授与されます。 ※やむをえない理由で欠席された場合、全国最寄のヒューマンアカデミーで振替受講して頂くことで資格取得が可能です。

米国NLP™協会トレーナーへの道

マスタープラクティショナー修了後は、NLPの創始者リチャード・バンドラー氏による米国NLP™協会のトレーナーズプログラムへの選考試験を受けることが出来ます。

学習内容・対象レベル

「成功する思考と行動モデル」を体得するNLPプラクティショナーコースの応用コースです。 このコースでは、「自分がメディアになる」をコンセプトに、NLPを人に伝える応用力を体得します。 1「NLPの基本を理解する」→2「自分自身のあり方を高める」→3「自分自身がメディアになるNLPプレゼンテーション」の流れで学び、人にいかに伝えるか、自分自身がいかに輝くかという点にもアドバイスが受けられます。

受講期間

3ヶ月~

Transactional Analysis(交流分析) カウンセラー講座

TAとは、自分や他者を分析し理解するための理論です。

精神分析の創始者として有名なフロイトの流れをくむ、エリック・バーン博士(アメリカ1910~1970)によって開発された新しい臨床心理学の分析システムがトランザクショナル  アナリシスです。日本では交流分析として知られ、自分を理解することで、はじめて他者を理解できるということを明確にするものでもあります。カウンセリングや自己・他者分析、人材育成、メンタルコントロール、メンタルヘルス、幼児教育など、様々な場面で活用できる心理学です。

効果・メリット

TAを学ぶことは、 『自己の価値を知り、  価値のある人生を創るためのステップ』

TAで更に明確になるもの

  • パーソナリティー(自己・他者)が明確になり、改善点やもっと伸ばすべき点がわかる
  • 総合的なコミュニケーション法(自己・他者)がわかる
  • 感情のコントロール法がわかる

活用できる!

仕事に活かす

TAを学ばれた方の仕事への活かし方は様々です。例えば…

  • 社内研修に取り入れる
  • カウンセリングやセラピーに取り入れる
  • 幼児教育や保育関連の仕事に取り入れる
  • 就職面接に取り入れる
  • チームビルディングに取り入れる
カウンセリングの仕事をする

カウンセラーを目指す方の進む道は、大きく分けると2つです。

  • 心理学を扱う会社に就職し、スタッフや講師として働く。あるいは会社と契約をする。
  • 自身で『個人事業主』or『法人』として独立し、活動を行う。

講義の流れ

  1. TAとは、何かについて学びます。
  2. 自己概念や自我について学んでいきます。
  3. 「人」について学んでいきます。
  4. 「人」に対するアプローチ法を学んでいきます。
  5. 診断法を学びます。
  6. セラピー、カウンセリング法を学んでいきます。

 受講期間

2~10日間