第4回「コーチングとカウンセリング・コンサルティングとの違いがわかりますか?」

プロコーチとしてコーチングに関わる仕事をしておりますと、コーチングのことをあまり知らずに体験講座に参加した受講生、あるいは、私の知人・友人などから、よくこんな質問を受けます。

 「コーチングって何?カウンセリングとの違いは何?」

彼らがそう思うのは無理のないことかもしれません。私でさえ、5年前にコーチングを学び始めた頃は、カウンセリングとの違いをよく理解していませんでしたし、事実、友人からコーチングのことを問われた時には、「カウンセリングみたいなものだよ。」と答えていましたから(笑)。

ですが、銀座コーチングスクール(GCS)認定コーチ資格を取得した後に、講師として登壇する機会が増えるにつれ、「コーチングに対する正しい理解を持たなければいけない!」と強く思うようになりました。

また、それを果たすためには、テキストを読み返したり書籍を購入したりして知識の習得に努めるだけでなく、コーチングにとって「似て非なるもの」であるカウンセリングやコンサルティングについても、きちんと理解しておかなければいけないと感じたことを覚えています。

GCSのレギュラークラステキストでは、カウンセリングとコーチングとの違いについて、以下のように説明しています。

カウンセリングとコーチング

カウンセリングは、精神心理的な悩みを抱えた人を対象とした相談援助であり、気持ちを整理することを重視したアプローチをとります。一方、コーチングは、精神心理的に健全な人の目標達成や能力発揮を支援し、「将来どうありたいか」を重視したアプローチをとります。

この説明をもう少し補足しますと、カウンセリングは、相手の「過去」に焦点を当て、「何故そうなったのか?」「何が原因なのか?」といったことを尋ねたり、共感したりしながら、相手の気持ちを整えるものであり、心理的には「マイナス」を「0」に近づける行為であると言えるでしょう。

これに対してコーチングは、相手の「未来」に焦点を当て、「どうなりたい?」「どうしたい?」というような質問で、相手に気づきを与え自発的行動を促すものであり、心理的には「0」を「プラス」に持っていく行為であると言えるでしょう。

いかがでしょうか。カウンセリングとコーチングとの違いが、おぼろげながらわかってきたのではないでしょうか。

では次に、コンサルティングとコーチングとの違いについて考えてみたいと思います。カウンセリングと同様に、GCSのレギュラークラステキストに記載されている内容を確認してみたいと思います。

コンサルティングとコーチング

コンサルティングでは、コンサルタントが持っている知識・情報・ノウハウ等をクライアントに提供することに軸足が置かれるのに対し、コーチングでは、コーチがクライアントの「ありたい姿」にフォーカスし、クライアントの中にあるものを引き出すことに軸足を置きます。

この説明はわかりやすいですね。コンサルタントはクライアントに持っているものを「与え」、コーチはクライアントの中にあるものを「引き出す」、つまり、発信する矢印の向きの違い(逆)ということができます。

コンサルティングとコーチングについて、ここで、もうひとつ注目しておきたいことがあります。それは、「コーチングとコンサルティングは両立するか?」という疑問についてです。

結論から言いますと、「両立はします」。ですが、「同時に」ではありません。

具体的には、例えば、コンサルタントや営業職の方が、クライアントのニーズを確認するために、コーチングの手法(具体的には「聴く」「質問する」スキルなど)を使ってヒアリングを行い、そこで抽出された課題についてコンサルティングを発揮する、というような具合です。

実際に、GCS認定コーチやレギュラークラスを受講されている方の中には、経営コンサルタントや中小企業新士などの士業の方も多くいらっしゃいます。それはすなわち、彼らの仕事の進め方にコーチング手法を取り入れて、クライアントとしっかり向き合おうとする気持ちの表れであるとも言えるでしょう。

このように、コーチングは、カウンセリングやコンサルティングと「似て非なるもの」なのですが、一方で、お互いに無いものを補い合う補完関係のようなものだと私達は思っています。

あなたが、現在、ご自身の仕事を補完すべき“何か”を探しているのであれば、一度、GCS無料体験講座にお越しいただくことをお勧めします。

ご参加をお待ちしております!

銀座コーチングスクール

銀座コーチングスクールへのお問い合わせこちら