第3回「承認」とは

承認とは『相手をそのまま受けとめること』

コーチングアカデミーが考える承認とは
『相手をそのまま受けとめること』です。

「私、人間関係がうまくいかないんです・・」と話してきたら
「人間関係がうまくいかないと思っているのですね」と受けとめ、

「やってみたいことがあるんです!」と話してきたら
「やってみたいことがあるのですね」と受けとめ、

「自分の良さって何でしょう」と話してきたら
「自分の良さは何だろうと思っているのですね」
と受けとめることができます。

 

話し手が「今、〇〇と思っている」状態を
「そのまま受けとめる」のが承認です。

念のためですが、24時間365日すべての人を
そのまま受けとめなければいけないわけではありません。

コーチにとって
コーチ自身の心身の安心は一番大切だからです。

そのうえで、悩みやチャレンジしたいことや
生きがいについて話したい人がいる時には、

話し手が聞き手に対して「この人には何を話しても大丈夫」
と思えたらいいですよね。

あなたが相手の気持ちをより理解したい時、
相手の力になりたいとき、
大切な人の人生の味方でいたい時に、

一番の基盤になるもの、それが「承認」です。

なぜ「そのまま受けとめる」ことが大切か

人にとって一番の原動力は、
「今の自分を肯定できること」だからです。

今の自分を否定して生まれる原動力は強力ですが
他人のことも否定する副作用があります。

コーチが「そのまま受けとめる」ことで
話し手やクライアントは

「あー、今自分は悩んでるんだなぁ」

「お、自分は今やる気が湧いているみたい」

「おー、どうやら今自分を見失ってるようだ」

と思うことができて、話し手自身の中に
足元がしっかりする感覚が生まれます。

今のご自身を肯定すると
話し手が話し手自身の味方になり、
ご自身の中に安心感が生まれ、
ご自身との間に信頼関係が生まれるからです。

「ダメな自分を肯定したら自分がダメになる」
と思う人には、
「自分のことをダメだと思っている自分がいるんだなぁ」
という見方もあることを伝えるだけでも進みやすくなります。

「受けとめる」と「受け入れる」の違い

「受けとめる」は「あなたはそう思っているんですね」
「受け入れる」は「私もそう思います」
の違いです。

日常会話だったらやや冷たく感じられるやりとりですが、
「人生の味方になる」という前提
( http://coaching-search.jp/manage/sc-coachingacademy/blog/52.html )
の場では、一人ひとりが人生の主人公として
自分の人生に責任を持てるように自立をうながす関わりが
生まれます。

何を「受けとめる」ことができるか

例えば私(橋本)は、20歳から30歳の間
「どうせ人は死ぬのだから自分なんかいつ死んでも同じ」と
思っていました。

そう思っていることが息苦しく、無力感を感じて
とても嫌だったけれど、
人に言ってはいけないとどこかで思っていて
誰にも言わずにいたのです。

そんな時、コミュニケーションについて学ぶ場で
自己開示をする機会がありました。

80歳の女性の先生に向かって
「実は私、
『どうせ人は死ぬのだから自分なんかいつ死んでも同じ』
って思って生きています」と話しました。

「そんなこと思ってるんだ」とか
「そんなふうに思わなくても大丈夫だよ」とか
「大丈夫だよ」
と鼻で笑われるような気がして、とても勇気がいることでした。

しかし、先生は一言だけ言ったのです。

「一人でずっと考えていたんだね」

その一言を聞いた瞬間、
長年こらえていた壁が溶けていくのを感じて
涙があふれました。

人生を救って頂いたと思いました。

振り返ると、あの時先生が受けとめてくれたのは
その時の自分と過去の自分、両方だったように思います。

過去まで承認を届けることは
なかなかできることではないけれど、

承認から生まれる安心と勇気と希望の大切さ、
承認を届けられる幅と奥の深さを探求していくことの大切さを
身をもって感じたできごとです。

このように、話を聞く時なら、例えば
言葉
表現
感情
表情
態度 を受けとめることができますし、

話を聞いている時や黙って一緒にいる時、
もしくは会っていない時でも、例えば
行動
考え方
習慣
生き方 を受けとめることができます。

受けとめることが
人の人生が変わるきっかけにもなるのです。

「受けとめた」ことをどう伝えることができるか

フラットに受けとめたら「そう思っているんですね」
ありがたく受けとめたら「ありがたいことですね」

尊敬の気持ちがわいたら「すばらしいですね」
熱く受けとめたら「おお!なるほど!!」

静かに受けとめたら
「私には想像もつかないくらいの思いをされていることと思います」

と伝えることができます。

伝えるスタンスも、

「あなたはすばらしいですね」(youのスタンス)
「私はすばらしいと感じます」(I のスタンス)

と表現の幅があります。

you のスタンスは踏み込んで背中をグッと押す力強さがあり、
I のスタンスは相手を尊重する丁寧さがあります。

上記はごく一部ですが、もし日々に生かせそうなものがあったら
早速生かしてみましょう。

人生の味方になる「承認」

「相手をそのまま受けとめる」ことで
あなたは相手に勇気と希望を届けることができます。

人は常に変化しています。体調も気持ちも考えも。
変化するからこそ、迷いもアイデアも生まれます。

変化の中で、「こういう自分もいてよし」と思わせてくれる人が
一人でもいてくれたら、こんなに心強いことはありません。

ぜひあなたが大切な人に
「承認」を届けられることを願っています。

ご縁に感謝いたします。
あなたにぴったりのコーチングスタイルに出会えますように!

コーチングアカデミー東京校 校長・橋本隆

☆私たちがお伝えしているコーチングのエッセンスを
一目で読める無料メルマガでプレゼントしています。

一日60秒で味方度アップ!【味方の見方・ごーしちご】

メルマガのお問い合わせはこちら