清水 直行コーチプロフィール

清水直行

On to the next one

清水 直行

2014年4月よりニュージーランド・ナショナル野球チームのゼネラルマネジャー補佐
兼代表統括コーチに就任しておりました活動の一環で、ナショナルチームより若い世代の活性化および
強化を目的に、『ゼネラルマネージャー』として、活動をしています。

出身スクール

日本大学

やるしかないねん!
大学卒業後、社会人野球の名門、東芝府中へ入社し、野球部に所属。
都市対抗、日本選手権で活躍する。
その後、東芝府中は休部となり、東芝へ移籍。
そして1999年のドラフトで千葉ロッテマリーンズを
逆指名し、2位で入団。2000年から1軍で、中継ぎ投手として活躍する。そしてチームの不振から2002年先発へ転向。その後、先発ローテーションの一角を担う。
2004年には初の開幕投手を務め、アテネオリンピック日本代表にも選ばれる。
2006年WBC日本代表にも選ばれ、世界1位にも貢献。さらにこの年、5年連続の2桁勝利を達成する。
2009年オフに千葉ロッテマリーンズから横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)へ移籍。
2010年は2年ぶりの2桁勝利を収める。
キレ味のいいストレートと高速スライダーが武器。
統率力のある性格から、後輩達からも慕われている。
2011年に左膝を痛め、2011年・2013年と手術を行った。
清水直行清水直行清水直行

清水 直行コーチへのお問い合わせはこちら!