コーチング資格

銀座コーチングスクール(GCS)

認定コーチ

プロコーチとして有料のコーチングセッションを提供するのにふさわしい知識・経験・実績を有することが認められたコーチに与えられる資格。GCSコーチ認定試験を受験し所定の合格基準に達すると、「GCS認定コーチ」として活動することができる。

認定要件

  1. コーチングクラスA~Dの全てに出席し修了証を授与された者、または上記と同等、それ以上の知識や経験を有するとGCS認定委員会が認めたコーチ
  2. コーチとして5名以上に対するコーチングセッションを経験している者
  3. 国際コーチ連盟の定めるコーチとしての倫理基準を守ることを誓約する者

認定プロフェッショナルコーチ

GCS認定コーチとしての経験を重ね、プロコーチとして豊富な実績があると認められたコーチは「GCS認定プロフェッショナルコーチ」に昇格できる。

認定要件

  1. 認定コーチ資格取得後、1年以上経過しているコーチ
  2. 100時間以上のコーチング経験があり、内75時間以上は有料であること
  3. 有料セッションのクライアント数が8名以上であるコーチ

コーチングアカデミー

ポテンシャルコーチ認定

クライアントの隠れた才能や資質を引き出し、人生に生かせる形にするお手伝いができる。日常の問題や悩みをコーチング的に解決できる。

認定要件

コーチングアカデミー初級と中級を修了後、国際コーチ協会が行うポテンシャルコーチ実技試験及び、筆記試験に合格すること。

ディライトマスターコーチ認定

社会の痛みに応えるだけのミッションと広い視野を持ち、クライアントの人生を大きく好転させる事ができる高度なレベルのコーチングができる。

認定要件

国際コーチ協会が定める認定校を卒業後、マスターコーチ実技試験及び筆記試験に合格し且つ協会が定める基準以上のコーチング経験数を満たしているコーチ。

グランドマスターコーチ認定

自分がコーチできるということに留まらず、コーチのスペシャリストとしての自らの豊富な経験を活かしコーチ業界の発展に寄与できる。

認定要件

コーチとしてのコーチング経験数が一定基準を満たし、且つワークショップ認定を2つ以上取得した上で、協会が行うプロフェッショナルマスターコーチ実技試験に合格すること。

チームフロー

ピークパフォーマンス・コーチ

相手の五感に働きかけることで、強いモチベーションを引き出したり、行動に変化を起こす。

ピークパフォーマンスコーチングを学ぶことで得られるもの

  • ビジネスコミュニケーションに自信がつく
  • 短時間で具体的な結果を生み出す、ビジネスコミュニケーションが身につく
  • 周りの人たちと、すばやく深いコミュニケーションをとるコツを身につける
  • あなた自身のモチベーションの源泉を発見、再確認できる
  • いつでもあなたやチームの最高のパフォーマンスを引き出すことができるようになる
  • 金メダリストを生んだ、スピーディでパワフルなコーチングのエッセンスが身につく

特定非営利活動法人 日本コーチ協会

認定メディカルコーチ

主な対象者

  1. 医療国家資格保持者(医師・看護師・薬剤師・作業療法士・理学療法士など)
  2. 医療機関に勤務する医療関係者(医療機関の経営層、医療事務、医療機関の総務・人事・経営企画など)

認定要件

「コーチングを学ぶ」MCTPの1~9課程を履修している
「コーチをする」3ヶ月(かつ4.5時間)以上コーチした医療従事者(医療国家資格保持者および、それに関連する医療関係者)のクライアントが5人以上いる
「コーチをつける」3ヶ月(かつ4.5時間)以上のコーチングを受けた経験がある

国際コーチ連盟(ICF) 認定コーチ資格

プロフェッショナル認定コーチ

プロフェッショナルレベルのプロコーチとしての専門的なスキルと実績を有することを証明する。

認定要件

コーチとして活動中で、さらにICFの論理とコーチの定義に基づいたコーチングを提唱し続ける意思がある者。

マスター認定コーチ

マスターレベルのプロコーチとしての専門的なスキルと実績を有することを証明する。

認定要件

コーチとして活動中で、さらにICFの論理とコーチの定義に基づいたコーチングを提唱し続ける意思がある者。

ヒューマンアカデミー

NLP™協会認定NLPプラクティショナー

NLPは、コミュニケーションに優れた人たちの思考や行動を分析して、1970年代に米国で開発された実践心理学である。この講座で、誰もが応用できる「成功する思考と行動モデル」を体系的に学ぶことができる。

認定要件

1週間60時間のプログラムを修了された方には、米国NLP™協会発行、創設者リチャードバンドラー直筆サイン入り「米国NLP™協会認定NLPプラクティショナー認定書」が授与される。

TAカウンセラー(交流分析)

Transactional Analysisはカウンセリングや自己・他者分析、人材育成、メンタルコントロール、メンタルヘルス、幼児教育など、様々な場面で活用できる心理学である。

認定要件

TAカウンセラー講座修了後、検定試験を行い、検定試験に合格すると「トランザクショナル・アナリシスカウンセラー」として銘打ち、活動することができる。

コーチ・エイ 一般財団法人 生涯学習開発財団

  • 認定コーチ
  • 認定プロフェッショナルコーチ
  • 認定マスターコーチ

一般社団法人 日本ミューズ・コーチング協会

  • JMCA協会認定コーチ