コーチング研修事例

背景

  • 働き方改革を進めるにあたり、業務の効率化を図るがことごとくうまくいかない
  • 研究職が多く、個人プレーでコミュニケーションが乏しい職場なので、社員の真の意見や要望を吸い上げることが出来てない。
  • 人を育てることのできる人材を育成することが急務。

目的・ねらい

  • コーチングの特徴を理解する。
  • 職場で実際に活用できる「コーチングの基本スキル」を習得する。

特徴

  • 講師自身のビジネスでの活用経験に基づいた研修であること。
  • 理論重視よりも、職場ですぐ実践できるようにロールプレイング中心の体験学習であること。
  • 実際にその場でサンプル・コーチングを見て、その効果を確認できること。

対象

製造メーカー 25名
(部下のマネジメントで悩んでいる方や近い将来部下を持つ可能性があり、コーチングの技術のスキルを身につけたいと自ら望むやる気のある方を、社内全国から公募した)

期間

2日間 (10:00~17:00)

カリキュラム

1.課題抽出

  • メンバーとの関わりにおける課題を抽出
  • 実例からコーチング効果を理解する

2.コーチングとは

  • ティーチング、コンサルティングとの違い
  • アセスメント(コーチ適性テスト)
  • ラポール(信頼関係)構築

3.スキル修得

①傾聴
積極的傾聴の体験、効果確認、職場での活用方法とその効果
②承認
承認の体験、影響を実承認の実践方法
③質問
質問の種類と効果、適切な質問「明確化or視点の変更or深堀り」

4.ロールプレイング

  • サンプルコーチング:コーチングの効果、進め方を確認する。言動が相手に与える影響を確認し、理解する
  • ロープレ①:自分の強みと改善点を見つける
  • 振り返り:学びを整理、チャレンジ目標を決める
  • ロープレ②:目標を実行し、さらにコーチング・スキルを向上させる

5.まとめ

  • 質疑応答
  • 行動計画策定

受講者のご感想

大変参考になりました!

改めて承認することの大切さ、相手の心の引出し方など色々と参考になりました。

また先生の話の受け方は大変参考になりました。ありがとうございました。

行動する・話しかけることが重要

コーチングとは一人で答えが出るものでは無いので、自分なりのコーチングを今後作っていこうと感じました。今回研修を受け、質問の6パターンや、チャンクアップ・ダウンなど具体的な手法を教えて頂き、非常に参考になりました。相手がいる事なので正解はありませんが、行動する、話しかけることが重要だと気付いたことが最大の学びでした。ありがとうございました。

あっという間でした

一日があっという間でした。ありがとうございます。あとは実践で経験を積んでいきたいと思います。

すぐに実践できそうです!

コーチングの本質は、質問を通して人を幸せにする学びを得ることができました。インプットだけでなく、アウトプットさせて頂ける研修のため、すぐに実践にすることが出来そうです。1日の研修で全ては学べないため、継続的にコーチングを学んでいきたいとも感じました。ありがとうございます!!

楽しい時間でした

もっとコーチングに対して理解をしたいと思いました。講師になれるくらい学びたいです、本日は楽しい時間をありがとうございました。

意見を聞き出す難しさを知りました

コーチング研修を受けて、人の意見を聞き出す難しさや聞いているつもりでこちらから答えをだしてしまっている事に気づかされました。

企業・団体向けコーチングのお問合せはこちら