上司の「最高だったこと」「受け入れがたいこと」

先日、東京にある企業の「リーダー研修」で、

理想のリーダーになるためのワークを行いました。

ワークの1つとして、自分の今まで上司の「最高だったこと」「受け入れがたいこと」

それぞれ出してもらいました。一部抜粋してご紹介します。

『上司の「最高」だと思ったところ』

  • 失敗した時に逃げずに責任をきちんととってくれる。
  • 自ら行動で示す
  • 部下の意見に耳を傾け、一緒に考えてくれる。
  • 自分が今までやってきたことに対して、きちんと評価をつけてくれる
  • 目標達成するためにモチベーションが上がるような声掛けをしてくれる
  • 部下がやりやすい職場環境にしてくれる、等

『上司の「受け入れがたい」と思ったところ』

  • 報告したのに聞いていないというところ
  • 自分の仕事で精一杯で部下の面倒をみない
  • 上司にはYES、部下にはNo
  • 部下に問題を押し付ける(メール転送)
  • マイナス発信ばかりする
  • 部下の仕事を把握していない、等

この「最高だった」結果を見てみると、

この「最高だった」結果を見てみると、

自分をかばってくれたり

一緒に行動をしてくれたり、

自分が行動しやすいよう配慮してくれたりと

心から自分と関わろうしてくれていたと感じていることが分かりますよね。

それに対して「受け入れがたい」という内容からは、

部下へ興味関心を示さなかったり、

モチベーションを下げるような発言をしたり、

結果的に、コミュニケーション不足から相手を理解できず、

信頼が無くなっていることが分かります。

皆さんが思う最高の上司はどんなことをしているでしょう?

また、自分は部下からどう思われているでしょうか?